日向坂46、宮崎県民を“キュン”とさせたのは誰? 河野知事「最後の『バン!』にやられました」

 日向坂46によるバラエティ番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)。11月3日放送回では、「日向坂野球部の奇蹟in宮崎キャンプ!その3」がオンエアされた。

日向坂46『こんなに好きになっちゃっていいの?』(通常盤)

 第1クール「紅白分け&ぐるぐるバット20m走」、第2クール「動物園大喜利&常識クイズ」と2週に渡って放送してきた日向坂野球部in宮崎キャンプ。MCを務めるオードリー・春日俊彰扮する春日監督の過酷な特訓に耐えたメンバーは、キャンプ開始から6時間、最終クールとして「サンマリンスタジアムで特訓」にたどり着いた。

 プロ野球のキャンプといえば「地元民の心を掴む」ということで、「宮崎県民をキュンとさせろ! 大人の色気ひとこと対決」に挑戦。これは、番組では恒例となりつつある「大人の色気ひとこと対決」を宮崎県に関する言葉を大人の色気を纏って言うというもの。対決の勝敗を決めるために、現宮崎県知事の河野俊嗣氏が登場。河野知事をキュンとさせたチームが勝利となる。

 紅チームからは丹生明里、金村美玖、渡邉美穂が「チキン南蛮」のワードで挑む。それぞれ方向性の違う色気に河野知事は「キュンキュンキュン3連発」と絶賛。対する白チームからは高瀬愛奈、松田好花、上村ひなのが「釜揚げうどん」で勝負した。接戦の末、チームワークとメリハリがよかったという理由から紅チームの勝利に。決め手に河野知事は「最後の『バン!』にやられました」と渡邉が銃のポーズとともに放った「(チキン南)バン!」が決定打となったようだ。

 ラストは「誰よりも遠くに飛ばせ! 全力フリーバッティング!」企画で、ピッチングマシーンを使ってバッティングの飛距離を競う。紅チームからは高本彩花、加藤史帆、白チームには佐々木久美、東村芽依が飛距離対決に出場した。結果は、左中間を転がり82mを記録した高本が勝利。紅チームの優勝となった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!