>  >  > 乃木坂46、若手演技派メンバーへの期待

乃木坂46 久保史緒里、向井葉月、早川聖来……『セラミュ』に見る若手演技派メンバーへの期待

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが出演するミュージカル「乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019」(以降、「乃木坂46版『セラミュ』」)が、10月にTOKYO DOME CITY HALLにて再上演する。

乃木坂46『夜明けまで強がらなくていい』(通常盤)

 「乃木坂46版『セラミュ』」は、2018年6月に天王洲 銀河劇場、9月にTBS赤坂ACTシアターで上演され、「Team MOON」の主演を山下美月、「Team STAR」の主演を井上小百合としてWキャストの選抜10名で上演された舞台。今年も、セーラー戦士以外のメインキャストは続投となり、演出もウォーリー木下、映像出演に白石麻衣が登場する。

 今年の乃木坂46メンバーキャストの特徴は、「2期生以降のメンバー」「4期生が初参加」であること。主人公・セーラームーン(月野うさぎ)を演じるのは、久保史緒里。久保は、3期生初公演「3人のプリンシパル」から、その演技力を開花。15公演中、11公演において2幕に選ばれた。その功績もあり、翌年には舞台『三人姉妹』に出演。昨年の舞台『ザンビ』ではTEAM”BLUE”の主演を務め上げた。久保は山下、井上それぞれと関係性が深く、2018年の「乃木坂46版『セラミュ』」を久保の中でどう超えていくかが見所になりそうだ。

 座長の久保を支えるのは、先輩の伊藤純奈と同期の向井葉月。伊藤は『乃木坂工事中』(テレビ東京)でも舞台メンバーとして紹介されるほど、多くの舞台経験を重ねている一人。2018年10月上演の『七色いんこ』では主演を務めており、『三人姉妹』では久保と姉妹役で共演している。乃木坂46公式Twitterには、『セラミュ』のオフショットがアップされているが、すでに久保が伊藤に頼れる先輩として甘えっぱなしなのが分かる。向井は今年8月に舞台『コジコジ』でコジコジ役として主演、座長を務めた。『コジコジ』と『セラミュ』ではテイストも異なるが、向井の座長経験はチームとして必ず活きてくるだろう。

      

「乃木坂46 久保史緒里、向井葉月、早川聖来……『セラミュ』に見る若手演技派メンバーへの期待」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版