井上陽水50周年、日本の音楽シーンで活躍し続ける感性と言葉の鋭さ

井上陽水『YOSUI BOX Remastered』

 現在、「井上陽水 50周年記念ライブツアー『光陰矢の如し』~少年老い易く 学成り難し~」を開催中の井上陽水。9月1日に迎える50周年に向けて、昨年9年ぶりのシングル『care』をリリースしたことをはじめ、『断絶』などの全スタジオレコーディングアルバムとライブアルバムを配信、今年初頭にはスタジオアルバムのリマスターBOXセット『YOSUI BOX Remastered』をリリースした。50年に渡って音楽シーンの最前線で活躍し、今もなお新たなファンを生み続ける陽水の音楽の魅力とは?

シュールな視点と異国ムード

 井上陽水は、フォークソングブームまっただ中の1972年にソロデビューした。1stアルバム『断絶』は、アコースティックギターをメインにしながら歌謡曲の延長と呼べるサウンドと、情感がたっぷり込められた歌詞で叙情派と呼ばれた。同作に収録の「傘がない」は、〈都会では自殺する若者が増えている〉という衝撃的なフレーズから始まることで知られる。どこかで社会を憂いながら、恋人に会いに行くことのほうが大事だと当時の若者の無関心を重ねて歌い、インパクトの強い言葉とシニカルな視点が波紋を広げた。

 ロンドンでレコーディングされ、日本初のミリオンヒットを記録した3rdアルバム『氷の世界』は、井上陽水の金字塔と呼べる作品になった。高中正義や細野晴臣など第一線のミュージシャンが数多く参加し、それまでのフォークから一転、グラムロック調やスケールの大きなロックバラードなど多彩な楽曲を収録した。特に表題曲の「氷の世界」は、ブラスセクションを大胆に起用したファンクサウンドのアレンジと、〈こごえてしまうよ 毎日吹雪吹雪 氷の世界〉と、当時の社会の息苦しさを痛烈に歌った歌詞で話題となった。

井上陽水 – 氷の世界(ライブ) NHKホール 2014/5/22

 「傘がない」や「氷の世界」を筆頭に、写真や絵画のように切り取った一コマを、意外な角度で表現するセンスが実に天才的だ。「ゼンマイじかけのカブト虫」など、比喩表現たっぷりの歌詞から、いかにしてメッセージを読み取るかが、ファンにとっての醍醐味にもなっている。曲名だけを取ってみてもハイセンスで、これまでに「プールに泳ぐサーモン」や、「天使 in マガジン」など、曲名だけでどんな歌なのか聴きたくなる。

 また異国情緒漂う雰囲気の楽曲も、陽水の音楽の魅力だ。1979年のアルバム『スニーカーダンサー』に収録の「なぜか上海」は、高中正義のメランコリックなギターアレンジが秀逸。田村正和の主演でヒットしたTVドラマ『ニューヨーク恋物語』の主題歌に起用されてヒットした「リバーサイドホテル」は、外国のクラブに足を踏み入れるような怪しさと背徳感にしびれる。『あやしい夜をまって』に収録の「マリーナ・デル・レイ〜ナイト・メロディー」は、まさしくロサンゼルスの高級ヨットハーバーを歌った楽曲。現実でありながら、どこか夢の中にいるような感覚で表現される陽水の歌の世界観は、むしろ日本ではない、見知らぬ異国のシチュエーションがマッチする。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!