>  >  > s**t kingz、踊る絵本発売記念イベント開催

s**t kingzが園児と即興ダンス?! 踊る絵本『あの扉、気になるけど』発売記念イベント開催

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダンスパフォーマンスグループ、s**t kingzの初プロデュースによる踊る絵本『あの扉、気になるけど』の発売を記念して、発売日の5月16日にどろんこ保育園にて園児との交流イベントが開催された。

 『あの扉、気になるけど』は「公演やライブなどに足を運ぶのが難しい小さな子ども達にも、最前線のダンスエンターテインメントに触れて欲しい」という想いから誕生した絵本。作画をメンバーのNOPPOが担当したり、ページに仕込まれたQRコードから物語と連動したオリジナルダンス動画を見ることが出来たりと、こだわりが詰まった1冊となっている。今回のイベントも、子どもから大人まで幅広い世代に楽しんでもらえるこの絵本の魅力を、s**t  kingzが直接子どもたちに届けたいという想いから開催された。

 何が起こるのか楽しみに待ちながら目をキラキラさせた子どもたちに「s**t kingzのお兄さーん!」と呼び込まれると、絵本の登場人物であるネコ(kazuki)、犬(Oguri)、ロバ(NOPPO)、ニワトリ(shoji)に扮したs**t kingzが登場。自己紹介を終えると、それぞれの動物のポーズを音楽に合わせて表現する即興ダンスで子どもたちとの距離をぐっと縮め、室内には楽しそうな笑い声が飛び交った。ダンスの後には、s**t kingzから子どもたちに『あの扉、気になるけど』をプレゼント。短い時間の中ですっかり仲良くなった子どもたちと写真撮影でイベントを締めくくった。

 イベント後の囲み取材では、園児との交流を振り返ってshojiは「すごく楽しかったです。その反面、子どもたちの最初の反応を見て、ダンスってやっぱり難しいものとして捉えられているのかなとも感じました。もっともっと素直に楽しいと感じてもらえたら嬉しいなと思いました」と話した。

      

「s**t kingzが園児と即興ダンス?! 踊る絵本『あの扉、気になるけど』発売記念イベント開催」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版