さくらしめじが語る、デュオとしての“これから” 「また一つ可能性が広がった」

さくらしめじが語る、デュオとしての“これから” 「また一つ可能性が広がった」

 現役高校生フォークデュオ、さくらしめじがキャリア初となるEP『うたはつづくよどこまでも』をリリースした。結成から4年を経た彼らが、そこで手にした成長を詰め込んで作り上げた本作には、新たな表情を感じさせるリード曲「My Sunshine」やNHK「みんなのうた」でオンエアされていた「スプーンの初恋 ~あゝ、好きだよベイベー~」、AAAのカバー曲「恋音と雨空」、シンガーソングライター・コレサワが書き下ろした「届けそこねたラブソング」といった全4曲を収録。タイプの異なる楽曲群を通して、さくらしめじとしての“これから”を提示する内容に仕上がっている。リアルサウンドでは約3年9カ月ぶりのインタビュー。彼らが辿ってきた“これまで”を振り返ってもらいつつ、EPに込めた思いをじっくりと聞いた。(もりひでゆき)【インタビュー最後にプレゼント情報あり】

アコギ2本だけでいろんな音楽性を見せることができる(田中雅功) 

ーーリアルサウンドでのインタビューは2015年3月以来、実に約3年9カ月ぶりとなります。その間、さくらしめじはライブで着実に力を蓄えて、デュオとして大きく成長を遂げてきたように思うのですが、ご自身たちではどう感じていますか?

田中雅功(以下、ガク):自分たちで成長したっていうのはちょっと恥ずかしい部分もあるんですけど(笑)、一番大きかったのは声変わりしたことかなって思うんですよね。

高田彪我(以下、ヒョウガ):そうですね。声は確実に変わったと思います。

ガク:前回のインタビューのときはもっとかわいらしい声だったと思うんで(笑)。

ーー声変わりはおふたりにどんなものをもたらしたのでしょう?

ヒョウガ:声変わりの最中はけっこう不安だったんですよ。

ガク:そうだね。全然声が出なくなった時期もあったから、ライブの直前に急遽、曲目を変えたり、2人の歌い分けを変えたりしていたこともあったし。ただ、そういうことを経験したことで、2人のチームワークというか、仲の良さとは違った部分でのコンビネーションの力は大きく成長したかなって思うんですよね。

ーーキー的にこれまでの曲を歌いづらくなることもあったんじゃないですか?

ヒョウガ:確かにそれはあるんですけど、だからと言って簡単に過去の曲のキーを変えたりってことはなるべくしないようにしているんですよ。もちろん多少の歌い方の変化はありますけど、元々の曲のイメージは大事に保っていきたいなと思っているので。

ガク:だからこそ歌い方に関しては今でも試行錯誤を続けているところはあって。もっとみんなに伝わりやすい歌い方があるんじゃないかっていうことは、常に考えながら歌っていますね。

ーー逆に今までできなかった表現を手に入れたりってこともありそうですよね。

ガク:そうなんですよ! 声変わりって単純に声が低くなるだけではなく、声帯や声そのものがしっかりしてくる意味合いもあるので、今までできたことができなくなるというよりは、できなかったことができるようになるっていうほうが多くて。声変わりによって大変な時期はあったけど、そこを乗り越えたらいいことがたくさんあったんですよね。

ヒョウガ:声変わりの時期に比べると、今は自分の声をしっかりコントロールできるようにもなっているかなって思いますね。

ガク:まぁでも、やっかいなのは正解がないってことなんですけどね。だからこそやっぱり「もっと行けるんじゃないか」っていう気持ちで、試行錯誤はここからもずっと続けていくんだと思います。

田中雅功

ーーでは、さくらしめじの音楽性に関しては何か変化ってありましたか? 公式にはフォークデュオというスタイルを掲げているわけですが。

ガク:僕らはポップスもやればロックもやるので、一般的なフォークデュオとは違ったイメージだとは思うんです。でも、アコギ2本だけでこれだけいろんな音楽性を見せることができるんだよっていう可能性がすごくある。そこが僕らなりのフォークだし、僕らの強みになってるのかなとは思いますね。

ヒョウガ:いい意味でフォークにとらわれていない感じですよね(笑)。

ーー柔軟な感性で音楽に向き合うことこそがさくらしめじらしいところなのかもしれないですね。

ヒョウガ:自分たちのやりたいいろんなジャンルの音楽を自由に歌えるようなフォークデュオになりたいっていう思いは活動を続けていく中でどんどん強くなっていると思いますね。興味のあることは日に日に増えていますし。

ーーフォークデュオとしてのアイデンティティでもあるギターに関しての成長はどうですか?

ガク:昔やっていたストリートライブの映像をたまに見せてもらうことがあるんですけど、当時の自分のギターはもう聴きたくない感じですね(笑)。たどたどしくて、1音1音が全然ちゃんと鳴っていないんですよ。

ーーそう思うってことはしっかり成長できているってことですよね。

ガク:きっとそうなんでしょうね。そういう意味では、今の自分たちのギターを何年か後に聴いた時に、「聴きたくない!」って思えるようになっていたらいいなと思うんですけど。

ヒョウガ:最近はいろんなアーティストの方のアコギの弾き方を細かくチェックするようにもなって。「どうやって弾いているのかな?」ってすごく気になるようになったんです。

ガク:そうだね。ギターに対する関心は昔よりもどんどん深まっていると思います。それが少なからず成長に繋がっているところもあるんじゃないかなって。ただ、僕の悩みとしては、2人で「あの人のスラップかっこいいね」みたいな話になったとき、すぐにマスターするのはヒョウガなんですよ。次の日にはもうできてる、みたいな。

ヒョウガ:そんなこと言われるとめっちゃハードル上がるんですけど(笑)。

ガク:いやほんとに成長の度合いはすごく速い。それによって自信がなくなるところもあるけど(笑)、でも今度こそは俺のほうが速く上手くなってやろうって燃えるところもあって。

ーー一番近くにいるライバルでもあるわけですね。

ガク:そうですね。常にいい刺激をもらえる、一番のライバルがヒョウガなんだと思います。

ヒョウガ:僕もそうですよ。僕よりも全然歌の表現力を持っているガクに負けないように常に切磋琢磨しています。

ガク:なんか恥ずかしいな(笑)。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!