lyrical school、最新チャートにランクイン サステナブルなアイドルのあり方提示できるか

参考:2018年7月2日付週間アルバムランキング(2018年6月18日~2018年6月24日・ORICON NEWS)

 けやき坂46の初の単独名義でのフルアルバム『走り出す瞬間』が初登場1位を獲得。アイドルシーンでの新しい流れを作る存在、そして坂道シリーズの力関係を打ち崩す可能性を持った存在として、この先目が離せないグループである。

 また、2位にはSuchmos『THE ASHTRAY』、3位にはSHISHAMO『SHISHAMO 5』がランクイン。『THE ASHTRAY』にはNHKサッカーテーマソングの「VOLT-AGE」が収録、またSHISHAMOと川崎フロンターレの良好な関係は広く知られるものであり(7月末にはフロンターレのホームスタジアムである等々力陸上競技場でのライブも控えている)、日本代表の思わぬ活躍も含めて盛り上がりを見せている2018 FIFAワールドカップロシアの影響が音楽シーンにも波及しているかのようなチャートとなっている。

『WORLD’S END』

 さて、今回取り上げるのは、初登場10位にランクインしたlyrical school(以下リリスク)の『WORLD’S END』。現メンバーがそろった体制としては初めての作品である。連日のリリースイベントの効果もあってか、グループ初のウィークリーチャートでのトップ10入りを果たした。

 tengal6名義で活動を始めた頃から“アイドル×ラップ”というフォーマットで作り出される楽曲の魅力には定評があったが、『WORLD’S END』はそんな彼女たちの強みがさらに突き詰められた作品である。メロウなムードの「つれてってよ」、三連符フローも印象的な「消える惑星」、ソウルテイストのトラックが心地よい「オレンジ」、スチャダラパー「サマージャム’95」や、かせきさいだぁ「じゃ夏なんで」といった夏のヒップホップクラシックとも並び立つ出来栄えの「常夏リターン」(作詞をスチャダラパーのBoseとかせきさいだぁ、作編曲をスチャダラパーのSHINCOが手がけている)など、どこを切っても素晴らしい楽曲が並ぶこのアルバムは、“アイドルのアルバム”“ヒップホップのアルバム”として非常に完成度が高いだけでなく、それぞれのカルチャーに関与のない人にも自信を持ってお勧めできる1枚である。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる