楠田亜衣奈×こだまさおりが語り合う、以心伝心から生まれる作詞術

楠田亜衣奈×こだまさおりが語り合う、以心伝心から生まれる作詞術

こだま「〈ぴーす!〉って言ってる楠田さんは絶対かわいい」

こだまさおり

ーー「ハッピーシンキング!」の歌詞って底抜けに明るいし楽しいですよね。〈ぴーす! せーのでぴーす!〉〈元気にぴーす! 愛だねぴーす!〉と始まって、サビは〈しのごの言わずに 迷わずハッピーシンキング〉〈あとはたいていケセラセラ〉。愛や平和というテーマを扱っているようで、ぶっちゃけた話、ヒロインはなにもしていないというか(笑)。

こだま:〈半径目の前〉のことにしか責任を持ってないですから(笑)。

楠田:でもだからこそ無意識で口ずさめるんですよ。シリアスな曲の場合、情景を思い浮かべながら歌うんですけど、今回はいい意味でなにも考えてない(笑)。歌っていると楽しく気持ちよくなって口が勝手に動いちゃうんです。こういう歌詞ってどうやって書くんですか?

こだま:歌いながら書く。これに尽きますね。ただ、楠田さんの曲に関してはいつもデモテープを聴いている時点で、頭の中に動く楠田さんの姿が思い浮かぶんですよ。だから今回であれば「このメロディに乗せて〈ぴーす!〉って言ってる楠田さんは絶対かわいいに決まってるし」と自然に導かれた感じ。いつのまにか楽しく歌いながら書けてました(笑)。

楠田:ありがとうございます(笑)。あとこの歌詞って、私にとってはアイデアがポンポン浮かんでくる歌詞なんです。今回、私、MVでマジシャンの格好をしてマジックをしてるんですけど、そのアイデアも歌詞を読んでいるときに思いついたものですし、レコーディングの最中にも「あっ、このフレーズはこういう意味か。じゃあ、ここはこういうふうに歌ってみよう」って思いついたりしましたし。

楠田亜衣奈「ハッピーシンキング!」MV(short ver.)

ーー楠田さんの口ぶりから察するに聞くまでもないことかもしれないんですけど、そのレコーディングはスムーズでした?

こだま:スムーズでしたよね。

楠田:確かにそんなに大変なことはなかったんですけど、こだまさんがいらっしゃったので緊張しました。

こだま:普段行かない私がスタジオにいたからビックリなさってて(笑)。

楠田:「へっ!? はっ!? へっ!?」ってなりました(笑)。

ーーこだまさんがレコーディングに立ち会うのは初めてかもしれないけど、楠田さんはこれまでに3枚のアルバムを作っているし、『ラブライブ!』シリーズのμ’sをはじめ、いろいろなキャラクターソングのレコーディングもしている。そのとき、クリエイターさんが立ち会うこともありましたよね?

楠田:そうなんですけど、私、実はすごい人見知りなので、初対面の方とか、こう心の扉が半ドア状態というか、まだそれほど打ち解けていない方が現場にたくさんいらっしゃるとなんか恥ずかしくなるんです。

こだま:でもファンの方の前では大丈夫そうですよね?

楠田:ファンの方は私にとって知り合いというか、お友だちみたいな存在なので。でもレコーディングに立ち会う方々って、皆さん音楽を仕事になさってるからお詳しいじゃないですか。だからプロに囲まれた素人みたいな感覚になっちゃうんです。

こだま:いやいや、主役ですから(笑)。

ーーこだまさんの目にはブースの中の楠田さんはバッチリ主役、メインボーカリストに映っていた?

こだま:もちろん。今回もそうですけど、初めてお仕事でご一緒させていただいた「First Sweet Wave」のときから、やっぱり役者さんだけに歌の世界の中にすごく自然にスッと立つことができる方だなといつも思っていて。先ほどお話しさせていただいたとおり「First Sweet Wave」は、デビューアルバムの曲ということもあって、文字どおりごあいさつ。ファンの皆さんへのあいさつともとれるし、ラブソングともとれる、ある意味ふわっとした間口の広い歌詞に仕上げたんですけど、そのアルバムを聴かせていただいたり、ライブを観せていただいて「あっ、これはもっと鋭角的な攻めた歌詞を書いても、きちんと歌ってくれる方だな」「もっとイケるな」ということに気づいたんです。

ーーそしてコンソメ味のロールキャベツのレシピが歌詞になり、宇宙の平和をスキップしながら歌い上げる1曲ができあがった(笑)。

こだま:2枚目のアルバムからは「もしかしたら怒られるかもなあ」と思いながらいろんな歌詞を書いてみたんですけど、スタッフさんから特になにかを言われることもないし、楠田さんはバッチリ歌ってくださるし、「やっぱり攻めてよかったんだな」っていう感じですね(笑)。

ーー今回も歌詞やメロディはもちろん、楠田さんの声色もちゃんとあっけらかんとした楽しさを帯びてますしね。

こだま:そうなんですよ。

楠田:私のボキャブラリーにはないんだけど、私が絶対に楽しくなっちゃう歌詞をいただけたので「まあいっかー、楽しければ」っていう感じで歌っただけなんですけどね。

ーー「ハッピーシンキング!」の歌詞の中でも「これは私には書けないや」っていうフレーズは?

楠田:まずタイトル?

ーーなるほど(笑)。人見知りゆえにあまり面識のない人に対して心の扉を半ドアにしちゃう人だから。

楠田:「ハッピーシンキング!」というタイトルはまず出てきませんから(笑)。あと〈笑顔で一花添えちゃおうよ〉っていうフレーズがすごく好きで。なにもないところにポーンっと花が出てくるみたいでかわいいじゃないですか。

ーーそれでマジシャンのMVというアイデアが浮かんだ?

楠田:そうですね。そうやってアイデアをくれるし、「宣誓! 楠田亜衣奈はこれからこういう曲を歌っていきます!」という歌詞になっているのがうれしいんですよね。これまでアルバムや配信という形で楽曲を発表してきていて、「ハッピーシンキング!」が私にとっての初めてのシングルになるので……。

ーーアルバムよりも価格の安いシングルはより多くの人に手に取りやすい。ファンの方はもちろん、『レディスポ』を観て興味を持った人が手にする可能性もありますもんね。

楠田:だから「名刺として配れるような曲にしたいな」と思っていました。今回は歌詞をこだまさんにお願いする前に、いろんなデモテープの中から楽曲を選ばせていただいたんですけど、そのときから「ここからまた新しいスタートを切れる曲にしたいな」って。3枚アルバムを出させていただく中で、私なりに楠田亜衣奈らしい楽曲像というものが見えてきていたので、私らしいんだけど、これまでにはない曲にしたかったんです。

ーーこだまさん然り、作編曲の山崎真吾さん然り、これまでの楠田さんの楽曲と同じ作家さんが参加しているからちゃんとこれまでの路線を踏襲しているし、でも今まで以上の明るさ、ポップさをたたえた曲になりましたよね。

楠田:「王道なんだけど王道じゃない」「王道じゃないんだけど王道」な1曲になったなと思ってます。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!