>  > ユアネス、“センチメンタリズム ”描く理由

『Ctrl+Z』インタビュー

ユアネスが語る、楽曲の根底にある“センチメンタリズム” 「何か人生にいい影響を与えられたら」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「様々なカタチでの表現を考えていきたい」

ーー以前のインタビューで古閑さんは、「自分たちのジャンルは“歌モノ”」と答えていました(引用:「福岡発の4人組バンド、ユアネスが初の全国流通盤ミニアルバム『Ctrl+Z』をリリース」)。確かに、一聴するとボーカルがまず耳に飛び込んでくるのですが、実はアンサンブルも凄まじいことをやっているんですよね。聴けば聴くほどそれに気づかされるっていう(笑)。

田中:単に、歌の空いているところを埋めているだけなんですけどね(笑)。でも嬉しいです。とにかく、なんでも試してみるんですよ。スタジオで思いついたフレーズはまず弾いてみて、(古閑に)何も言われなかったらラッキーみたいな(笑)。ドラムのパターンも、まずは古閑が打ち込んでくるんですけど、そうすると両手両足使っても叩けないようなフレーズも平気で組み込まれているんですね。で、小野はそれすら叩こうとするからすごいパターンになる(笑)。古閑の無茶な発想にも対応できる演奏力があるから、どんどん進化してきているんだと思います。

ーーユアネスは、映像などビジュアルのイメージにもこだわりを持つバンドですよね。たとえば、「雨の通り道」のモノローグは、「Bathroom」と「あの子が横に座る」に出演していた女の子が担当しているじゃないですか。

古閑:そうなんです。今作を作るにあたり、アルバム全体で一つの作品として聴いて欲しいという思いがあったんですよ。最初は「虹の形」を1曲目にするつもりだったんですけど、“虹”の前に“雨”を降らせたいなと思って、「雨の通り道」を持ってきたんです。アルバム全体を束ねるというか、そういう役割を担う楽曲になりましたね。

古閑翔平

ーーアルバムのアートワークも印象的です。

古閑:イラストレーターのしらこさんにお願いしました。実は、僕らの「色の見えない少女」という曲は、しらこさんの作品に衝撃を受けて書いたもので、しらこさんにミュージックビデオも作ってもらったんです。そこから縁があって、僕らのイラストをずっと手がけてくれているんですよね。

ーーしらこさんのイラストの、どんな部分に惹かれますか?

古閑:空間が多くて、観ている人の発想を広げさせてくれるところですね。1枚の絵の中から、寂しい思いを感じたり、暖かい温度感を感じたりする。そこに自分は惹かれますし、ユアネスでやりたいことにも近いなと思います。

ーーバンドを続けていくことへの不安などはないですか?

田中:僕ら、いくつかターニングポイントがあるんです。元々、友だち同士からスタートしているわけじゃないから、まずは打ち解けて信頼し合うようになるまで時間がかかりました(笑)。色々ぶつかったこともあるし、僕が感情的になってしまったこともあったんですよね。でも、こうやって音楽を一緒にやれる仲間がいるっていうのは最高だと思うし、こんなチャンスを無駄にしちゃいけないなと思うんです。そのためには自分がもっと人間的に成熟して、メンタルを強くしたいなと。なので今、不安は特にないですね。

ーー今後、バンドとしてどんなふうになりたいですか?

黒川:人気者になりたいです。

(一同笑)

古閑:まずバンドとしていい演奏を聴かせるのはもちろんなんですけど、たとえばバックスクリーンに映像を流してそれに合わせてプレイしたり、僕はイラストも描くのでギャラリーで個展を開きながらそこでライブをしたりしたいですね。様々なカタチでの表現を考えていきたいです。

ーーでは最後に、4月からの東京・福岡のワンマンを含めたツアーに向けての意気込みを聞かせください。

黒川:まだ全然仕上がってないんですけど(笑)、取りあえずワンマンではいくつか新曲をやる予定です。古閑が作っているのを断片で聴いているけど、メチャクチャいい曲ばかりなので、それを全面に出せるようなワンマンにしたいですね。期待して待っていてください。

古閑:う、プレッシャー……(笑)。でもほんと、いい曲が書けているので、お時間あったら遊びに来てください。

(取材・文=黒田隆憲/写真=稲垣謙一)

ユアネス『Ctrl+Z』

■リリース情報
ユアネス 1st Mini Album『Ctrl+Z』
発売中

<収録曲>
1.雨の通り道
2.虹の形
3.cinema
4.あの子が横に座る
5.Bathroom
6.pop
7.埃をかぶった時刻表
8.100㎡の中で

■ツアー情報
『Ctrl+Z Tour 2018』
『ユアネス presents「うつ伏せになっていた午後の授業」』※ワンマン
日程:4月14日(土)
時間:OPEN18:30/START19:00
会場:渋谷 TSUTAYA O-nest
チケット:前売2,500円(税込)/当日3,000円(税込)※ドリンク代別
※高校生までの学生は、学生証提示で500円キャッシュバック。
チケット:SOLD OUT

『ユアネス presents「理想とはかけ離れた日常」』
日程:4月20日(金)
時間:OPEN18:30/START19:00
会場:梅田 Zeela
チケット:前売2,500円(税込)/当日3,000円(税込)※ドリンク代別
※高校生までの学生は、学生証提示で500円キャッシュバック。
出演:ユアネス/CRAZY VODKA TONIC/LINE wanna be Anchors(3マン)
チケット:発売中

『ユアネス presents「あの頃の自由と今の自由」』※ワンマン
日程:5月5日(土・祝)
時間:OPEN18:30/START19:00
会場:福岡 INSA
チケット:前売2,500円(税込)/当日3,000円(税込)※ドリンク代別
※高校生までの学生は、学生証提示で500円キャッシュバック。
チケット:発売中

■ライブ情報
『荒吐宵祭 前夜祭 ~青春18切符~』
日程:4月27日(金)
会場:仙台 Rensa
出演:indischord/The Floor/SIX LOUNGE/マカロニえんぴつ/【DJ】のりちぇん

『The Cheserasera 春の喧騒 2018 スリーマン Tour』
日程:5月20日(日)
会場:仙台 Flying Son
出演:The Cheserasera/and more…

『JAPAN’S NEXT 渋谷JACK 2018 SUMMER』
日程:7月15日(日)
会場:渋谷(渋谷地区ライブハウス)

■関連リンク
ユアネス オフィシャルサイト
ユアネス オフィシャルTwitter
ユアネス LINE公式アカウント

      

「ユアネスが語る、楽曲の根底にある“センチメンタリズム” 「何か人生にいい影響を与えられたら」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版