>  >  > 福山雅治、ライブ中にノーパンの理由を明かす

福山雅治、ライブ中に“ノーパン”の理由を明かす 「ギャップに耐えられなくなって」

関連タグ
福山雅治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今田耕司がスペシャルコメンテーターを担当し、羽鳥慎一がMCを務めるバラエティ『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)。4月2日放送回では、瀬戸内寂聴&秘書・瀬尾まなほ、小谷実可子、福山雅治、 株式会社ドーム、野性爆弾・くっきーに密着し、「頂点を極めた女性は本当に幸せなのか? 2hSP」の模様をオンエアした。

福山雅治『聖域』(初回限定盤 25周年ライブDVD付)三方背スリーブケース

 歌手・俳優として活躍している福山に、バラエティが密着するのは今回が初めて。男性ソロアーティストCD売上ランキングで1位(2,411万枚)に輝いている福山だが、作る楽曲は「桜坂」などネガティブな恋愛ソングも少なくない。そこでスタッフから「福山さんが作詞されてるじゃないですか。それは体験談なんですか?」と疑問をぶつけられると、福山は「うーん、体験ですし」と回答。続けて「失恋したことあるんですか?」という質問に対しては、「え~!? 失恋王ですよ」と笑った。

 また名古屋のライブに密着した際に、「ライブ本番中、ノーパンって本当ですか?」と尋ねられた福山は、「ノーパンですよ」と即答。その理由について、「3カ月で50本くらいのツアーを組んでやったことがあったんです。その時に、着替えがもう間に合わなくって」と話し始める。福山はライブが終わった直後、シャワーを浴びながらパンツを洗う、という習慣があったのだとか。だが、そのツアー中にふと思ったという。「熱狂と興奮の中、歓声を浴びて、バイバイって言って帰って、すぐ全裸になってパンツを洗ってる、そのギャップに耐えられなくなって……。その時からもう辞めてやると」。赤裸々に告白した後、福山は「そう思って見ていただくだけで、今までとちょっとちがう見え方になると思いますので」と微笑んだ。

      

「福山雅治、ライブ中に“ノーパン”の理由を明かす 「ギャップに耐えられなくなって」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版