>  > 早見沙織『CCさくら』ED曲に込めた工夫

4thシングル『Jewelry』インタビュー

早見沙織が『CCさくら』エンディング曲に込めた工夫 「ゴスペル的なアプローチを意識しました」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「広い空間の真ん中で歌ったことが良い方向に」

ーーカップリングの「琥珀糖」も新たな挑戦ですね。こういったテンポの曲は、「雨の水平線」をはじめとして何曲かありますが、この曲ではビートも入れず、弾き語りテイストに仕上げています。

早見:このような仕上がりになったのは、制作チームとの話し合いがあったからこそですね。もともとピアノと声だけの原曲があり、アレンジの方向性に迷っていたんですが、ディレクターさんは「深夜に女の子が一人で弾きながら歌っている画」をイメージしたみたいで、「ピアノ1本で歌ってもいいんじゃないですか?」と提案していただいたんです。私が付けた伴奏は簡単なものだったので、ピアノアレンジを矢吹香耶さんにお願いしました。

ーーこの曲に関しては、どんなところからインスピレーションを得たのでしょうか。

早見:まずサビができて、Aメロ→Bメロという順番で作っていきました。サビやAメロは歌先行ですね。

ーー歌を先に作ることと、メロディを先につくることは、早見さんにとって全く違った手法ですか? それとも2つを交互に使い分けて混ぜ合わせる感覚なのでしょうか。

早見:混ぜ合わせるという感覚に近いです。ピアノだけで作ると歌いにくかったり、自分が歌っていてピタッと来ないメロディしか浮かばなかったりすることもありますし、歌は歌として考えるほうが、私にとってはグッとくる曲になるほうが多いです。

ーー収録されているピアノの音は、早見さんご自身が弾いたものですよね。

早見:はい。気軽な気持ちで快諾したんですけど、譜面が意外に難しくて、必死で練習しました。

ーーその甲斐あってか、背伸びしている感じも簡単にしている感じもない、等身大のサウンドという印象を受けました。ライブ映えもするんだろうなと思ったり。

早見:レコーディングでは弾き語り方式で歌とピアノを同時に録音してみたんですけど、昔、ジャズの先生に言われた「歌は100%歌に、ピアノは100%ピアノに集中しないと、盤に残る完成形としてはどうしても違うものになってしまう」という言葉を思い出して、単独で録る形に変えていただきました。ただ、ボーカルはブースで立って歌わずに、ピアノを録音したあと、そのピアノに座ったまま歌えるようにマイキングをしてもらったんですよ。あえて広い空間の真ん中で歌ったことが、良い方向に作用していると思います。

ーー弾いてはいないけど弾いている配置の歌になっているし、なにより空間、空気感がすごく音に出ています。これまでそういう録り方をしたことはあったんですか。

早見:いえ、初めてだったので、「私はこれがとても良かった」ということをスタッフさんには強く訴えました(笑)。わりと個人的な趣向なんですけど、音が広がっていくのが好きみたいです。広いところに響いている音を聞いて、自分がどう歌っているか確認するタイプでもあるので。

ーー結果的に幅が広がったというお話もありましたが、現段階で作っている別の曲は、より幅広いものになりそうですか?

早見:そうですね。ただ自分が喜ぶだけの曲だなというのもあります(笑)。どういう曲がどういうところに響くんだろうというのは、最近模索していることではあって。ジャズやファンクにとってはスタンダードな曲ばかりを聴いてきたけど、アニソンシーンでみたらそれはマニアックだったりして、難しさを感じています。

ーーでも、ポップスとしてはそこまで難しくないと思いますよ。前作の「SIDE SEAT TRAVEL」も、広義の意味で考えるアニソンっぽい曲とは違うかもしれませんが、ポップスにおいてはいま若いミュージシャンたちが表現している“都市的な音楽”ともリンクするわけですから。

早見:「SIDE SEAT TRAVEL」もそうだったんですけど、未知の層からの反応があるんですよね(笑)。「今までどこにいたんですか?」という人たちが声を上げてくれていて。

ーー目の前にいるのがその層の人間ですね……。

早見:(笑)。私としてはそういった方に新しく刺さって聴いていただけるようになったこともすごく嬉しいんですよね。これからも“未知の層”に響く曲を作っていきたいと思います。

ーーそして、それだけ多く曲を作っているとなると、まとまった作品にも期待が高まるところですが。

早見:曲はどんどんできているので、そこまで遠くないうちにアルバムを出したいですね。最近は、“形になったときに自分が何回も確認で聴きたくなる曲”が結果的にワクワクするものになるかもと思っていて。作った翌朝の移動中に確認して、調整して、寝る前に確認して「もう少しこうしたほうがいいな」と思える曲は、自分も聴いてくれる方もワクワクするだろうし、それが一つでも多くなれば、どんどん楽しくなるはずなので。

ーー早見さんの曲は、純粋に良い曲でもありながら、「これ、どうなってるんだろう?」とワクワクしながら聴くものが多いので、楽しみにしています。

早見:そう思っていただけるとすごく嬉しいですね。今は「こういう曲が欲しいけどうまくできないな」とか「こういう曲を作りたいけど、今の自分にはレベルが高いな」と思うことも多いんですけど。

ーーそんな壁にぶつかることもまだあるんですね。

早見:まだ、思ったままスルッと形にできているわけではないんですよ。それは修行して、どんどん技術を上げていくしかないので頑張ります。

(取材・文=中村拓海/撮影=外林健太)

■リリース情報
TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』エンディングテーマ収録
4thシングル『Jewelry』
発売:2018年3月28日(水)
価格:アーティスト盤(CD+特典DVD)¥1,800+税(ジャケット:早見沙織仕様)
通常盤(CDのみ)¥1,200+税(ジャケット:アニメ仕様)

<CD収録内容>
1.Jewelry (作詞・作曲:早見沙織 編曲:倉内達矢) (TVアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」エンディングテーマ)
2. 琥珀糖
3. Jewelry (instrumental)
4. 琥珀糖 (instrumental)

特典DVD収録内容:「Jewelry」MUSIC VIDEO
※アーティスト盤のみ

■作品情報
『カードキャプターさくら クリアカード編』 
NHK BSプレミアムにて
毎週日曜朝7:30〜放送(再放送:毎週金曜23:45〜)

■関連リンク
アニメ公式サイト
「カードキャプターさくら」公式サイト
「カードキャプターさくら」公式twitter

      

「早見沙織が『CCさくら』エンディング曲に込めた工夫 「ゴスペル的なアプローチを意識しました」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版