欅坂46、4thシングル選抜発表 初フロント 長濱ねる「けやき坂46と一緒に頑張っていきたい」

 続いて自分の言葉で自分自身の歴史を語る「じぶんヒストリー」のコーナーへ。今回は2月生まれの齋藤冬優花と米谷が登場。齋藤は幼少期、「親戚25人くらいの前で芸をやってお小遣いをもらっていました」と目立ちたがりだったことを明かし、チアダンス、ヒップホップ、阿波踊り、バトンと様々なダンスを習っていたことを語った。最後は「ダンスという武器を生かしてこれからも頑張っていきたいと思います」とコメント。

 一方米谷は幼少期、意味もなく棚を開け閉めするなど不可解な行動を見せていたと明かし、「心配した親が病院に連れて行くか悩んだ」と語った。さらに自身の「私服がダサイキャラ」について、「欅坂46に入る前は親にずっと服を買ってもらっていた。地元でも(ダサイと)言われたことなかった」と反論すると、土田が「その地区がダサかった」とツッコミを入れ、澤部は「ダサい服しか届かない地区」と発言し、笑いを誘った。

 次回放送では「欅坂46メンバーブログチェック!」をオンエア予定だ。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる