”青さ”を掲げる2バンドの共通点と決定的違いーーFor Tracy Hyde×Balloon at dawn対談

For Tracy Hyde×Balloon at dawn対談

「Balloon at dawnは素朴で僕らはオタクっぽい」(Mav.)

ーーお互いにルーツは違えど、現行の洋楽インディーに目を向けるきっかけが同じというのは面白い共通点ですね。そんな両バンドですが、互いの新作はそれぞれ聴いてみてどうでしたか?

夏bot:そうですね……たまにまともに聴いていられなくなるんですよね(笑)。色々物思いにふけっている時に『Our Finder』を聴いたりすると、もう本当にパニック発作寸前になったりして。それはおそらく、自分が描きたいと思ってるものに対して真摯に向き合って、最大限実現するために細部までこだわり抜いていることが伝わってきて、すごくエモーショナルに訴えかけてくるからなんですよ。感情的なものを作るのって、感情だけでは絶対にできないと思うんです。理論があってその上で感情がちゃんと成立して、的確にリスナーに訴えかけることができるんだと思うし、それをできているのがBalloon at dawnの『Our Finder』なのかなと。

Mav.:僕は自分たちの作品と聴き比べてみたんですが、なんてFor Tracy Hydeの音楽は理屈っぽいんだろうと感じました。Balloon at dawnは素朴で僕らはオタクっぽいというか。お互いに青さを表現しているのですが、Balloon at dawnの青は実写映画風で、For Tracy Hydeはアニメに使われている青さのような。

ーーそれは面白い見方ですね。eurekaさんはどうですか?

eureka:私は最初、全体的にすごく綺麗にまとまってるし考えられているのに、全くつまらなくなっていないのが本当にすごいなと。さらに言うと、俯瞰的に見ているような視点なのに、エモーショナルな部分も良いですよね。私たちの曲はどちらかというと自分目線で歌っているような。

Mav:特設サイトのインタビューにもあったけど、Balloon at dawnのメンバーって、あまりコピーバンドをやらずにここまで来たんですよね。そこが影響している部分があるのかもしれない。僕なんかはコピーバンドをかなりの数組んできたので、あんまり定石から外れた音を入れられない。上田くんのベースも変だよねと思うことが多いんですよね。井口くんのコード進行も自分には作れないもので面白いですし。

ーーなるほど。Balloon at dawnのほうはどうですか?

井口:僕らは純粋にすごい好きなバンドなので……楽しめました。

夏bot:難しい事言おうとしてた自分が恥ずかしい(笑)!

井口:まずは素直な感想をと思って(笑)。夏botさんの歌詞は具体性があって、使う言葉が情景とマッチするんですよ。僕らは結構そういう感覚を意識せずに「こういう場面ではこういう言葉を使うよね」と決めていくので、自分たちにない部分だなと。

ーーこの2組の決定的な違いもわかったところで、共通項についても掘り下げていきたいと思います。「青さ」というテーマ設定やアートワークにMVと、音楽以外のクリエイティブにおける雰囲気が共通してますよね。

For Tracy Hyde – Favourite Blue (Official MV)

夏bot:MVに関しては、「Favourite Blue」の映像は正直言うとBalloon at dawnの「Short hair」のMVを参考にしていて……。歌詞のテロップのフォントいいなと思って、わざわざ調べて同じフォント(シネキャプション)をダウンロードするくらい。

Balloon at dawn “Short hair” Lyric Video

ーーその質感、手作り感のどこに惹かれるんでしょうね?

夏bot:海外インディーで一時期流行っていたような、8ミリフィルムっぽい映像のような質感が素敵だと思ったんですよね。その映像の質感って、高校の学園祭でやっているようなしょうもない自主制作映画に通ずるものもあったりして。『あの夏で待ってる』というアニメがまさに8ミリで映画を撮りに出かける高校生の話なんですけど、放送タイミングがちょうどチルウェイヴ系のアーティストがカセットや8ミリぽい映像を作って盛り上がっていたのと同じタイミングだったり。

ーー2011年ですよね。異なる文化圏で共通する雰囲気があって、そこにバンドの世界観も噛み合ったと。お互い最新作のタイトルが『Film Bleu』と『Our finder』で、ともにフィルムとカメラのファインダー、つまり映像や写真から受ける影響も大きいのかなと思ったのですが。

夏bot:渋谷系育ちなもんで、ヴィジュアルと音楽は切り離せないという感覚は常につきまといますね。あと、自分がこの1年ぐらいで急激に写真を撮ることにハマっていて、楽曲作りへフィードバックされて、そこからアートワークへとふたたび還元される、というサイクルができたことも大きいです。

井口:僕らのアルバムタイトルは、カメラやスマートフォンのフィルターを使うことでチルウェイヴ的な逃避主義を簡単に実現できるようになったことが影響していて。それもある種現実の美化だし、僕らがやろうと思っている音楽に近いと思い、「ファインダー」とかけてみたんです。

ーーせっかくの機会なんで、改めてお互いに訊いておきたいことがあれば。

夏bot:僕らの「渚にて」の歌詞に出てくる<三単語の台詞>というのはつまり「I love you」のことを指しているんですが、Balloon at dawnが「Ten」で<それはただ三単語だけを待ち望んでいて>の三単語はなんなのか気になります。

井口:これ、初めて言うんですけど、答えが2つくらいあって。「I love you」と「Boy meets girl」なんです。じゃあ僕からも質問を。僕がFor Tracy Hydeの好きなポイントは「歌い出し」なんですよ。どの曲も歌い出しがすごく良いなという印象で。作るときはやはり歌い出しからなのでしょうか?

夏bot:モノによるんですけど、基本的に歌い出しからは作ってませんね。良いなと思ったフレーズを書き出していって、「これ1番というより2番っぽい感じだな」「どっちかというとサビかな」と思ったらそれを超えるフレーズを作ろうとします。でも「Favourite Blue」は<愛してるのは冷たいからです>という歌い出しからですね。

ーー性格や人間性こそ違えど、しっかりと共振している2つのバンドが持つ個性が知れて面白かったです。ちなみに、この後はどんな形で音楽を続けようとしているのでしょう。

夏bot:あくまでも生活の中でリスナーがどう受け止めてくださるか、というのを気にしています。極端な話、誰か1人でもFor Tracy Hydeに出会って人生が変わったとか、中学か高校の時に出会って以来うん十年聴き続けていて、これからも好きでい続けるという方がいらっしゃれば、それだけで100点満点くらいの気持ちでいます。生活にどこまで結びつくか、その人の記憶の中でどういう位置にいるのか、そういうものが自分の目標なのかもしれません。まあ、商業的には映画やアニメの主題歌をやりたいというのもありますが、本質的には誰かにとってかけがえのないバンドになるというのが一番です。

井口:僕らもずっと「誰かの特別なバンドでありたい」と思ってやっていたので……ほとんど一緒だ(笑)。

夏bot:「Ten」の歌詞にも<10年後踊る君に会いたい>ってハッキリ表れているもんね(笑)。

(取材・文=中村拓海)

■リリース情報
・For Tracy Hyde
『Film Bleu』
発売:2016年12月2日(水)
価格:¥2,000+税
<収録曲>
1. There’s A Story In Your Eyes, And I Will Read Between The Lines
2. Her Sarah Records Collection
3. SnoWish; Lemonade
4. Outcider
5. Crystal
6. First Regrets
7. Overexposure
8. Favourite Blue
9. Shady Lane Sherbet
10. Emma
11. あたたかくて甘い海
12. fallingasleepinthepassengerseat
13. After
14. 渚にて

・Balloon at dawn
『Our finder』
価格:¥1,800(+税)
発売:12月21日(水)
<収録曲>
1. Boys shoot the film
2. One summer
3. 三月
4. Short hair
5. 群像
6. Our blue(リード曲)
7. Girls around the gate

Ancient Youth Club×Balloon at dawnスプリットシングル『タイトル未定』
発売:2017年夏
<収録内容>
1.Ancient Youth Club楽曲(タイトル未定)
2.Balloon at dawn楽曲(タイトル未定)
3.共作楽曲(タイトル未定)

共作テーマ応募は以下まで
Twitter:ハッシュタグ#AYCBALLOON
Googleform
メールアドレス:ayc.balloon@gmail.com

■ライブ情報
・For Tracy Hyde
『Total Feedback』
日時:2017年2月25日(土) Open 17:00 / Start 17:30
場所:高円寺High
w/The Florist/She, In The Haze/Cuicks/(((the submariners)))/The Still
チケット:Adv ¥2,500 (+1D) / Door ¥3,000 (+1D)
予約: Email

『Tokyo Music Odyssey New Force』
2017年3月5日(日) Open 17:00 / Start 18:00
場所:Shibuya WWWX
w/iri/ドミコ/向井太一/The Wisely Brothers
チケット(including free compilation CD):Adv ¥1,000 (+1D)/Door TBA
予約:e+

『幻燈の夜には』大阪編 ”Teen Wonder”
2017年3月11日(土) Open/Start 17:00
場所:南船場地下一階(Osaka)
w/Banana Collection/Boyfriend’s Dead/Vanilla.6/Ukiyo Girl
DJs: shota_yam/Waki/夏bot (For Tracy Hyde)/Nishikawa
チケット:Adv ¥2,000 (+1D) / Door ¥2,500 (+1D)/Discount for Teenagers (ID required) ¥1,000 (+1D)
予約: Email (Special Address)

『幻燈の夜には』東京編 「百年ののち」
2017年3月18日(土) Open 17:00/Start 17:30
新宿Samurai
w/Ukiyo Girl/Banana Collection/ナツノムジナ/クロウタドリ
チケット:Adv ¥2,000 (+1D) / Door ¥2,500 (+1D)/E+ Early Bird Discount ¥1,500 (+1D. Available until February 18th)/Discount for Teenagers (ID required) ¥1,000 (+1D)
予約: Email (Special Address)
e+ (Earlybird Discount)

・Balloon at dawn
『古都で響く音 chap.3』
2017年2月26日(日) OPEN 17:30/START 18:00
場所:京都・京都nano
w/揺らぎ/橙々/you you you all the same/Faded old city
OPENING DJ : pnk
チケット:1,800円+1ドリンク

『Moccobond USBシングル リリースパーティ』
2017年3月1日(水) OPEN 18:30/START 19:00
場所:大阪・心斎橋pangea
w/Moccobond/ATLANTIS AIRPORT/マイミーンズ
チケット:2,000円+1ドリンク

『Letting up despite great faults JAPAN TOUR2017』
2017年3月3日(金)OPEN 18:30/START 19:00
場所:大阪・心斎橋CONPASS

『IMPULSE』
2017年3月25日(土)OPEN ??:??/START ??:??
場所:福岡・福岡四次元
w/ALTER EAGO/and more…

『かたしょ & fish in water project presents』
2017年4月2日(日) OPEN ??:??/START ??:??
場所:群馬・群馬clubFLEEZ
w/fish in water project/ArtTheaterGuild/Mr.Seaside/フェチ/and more…

『Ancient Youth Club presents “youth”』
2017年4月22日(土) OPEN ??:??/START 18:30
場所:北海道・札幌Sound Crue
w/Ancient Youth Club/YOU SAID SOMETHING/Long Bott(h)om
チケット:2,500円+1ドリンク

■関連リンク
・For Tracy Hyde
『Film Bleu』特設サイト
Twitter

・Balloon at dawn
Balloon at dawn HP
Balloon at dawn Twitter
Balloon at dawn instagram
HOLIDAY! RECORDS



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる