BABYMETALが飛び越えた数々の“枠” アイドルとロックの関係性を改めて考える

 また、イントロや大サビの作り方に関しても振付の「キメ」がばしっとはまりそうな構成になっているのが興味深い。こんな感じのアイドルソングが出てきたら、「最近のアイドルの歌は盛り上げることばっかり気にしてるな」なんて斜に構えずに、自分も盛り上がりの輪に飛び込みたくなってしまう。楽曲提供者に名のあるミュージシャンを起用するのが当たり前になりつつあるアイドルシーンだが、まだまだそちらの世界に足を踏み入れてない作家は多数存在する。メロディックパンク寄りの人脈からのアイドルへの楽曲提供はHAWAIIAN6の安野勇太などの前例もあるが、シーンの活性化のためにフォーリミもぜひ続いてもらいたいところである。ちなみに、この『eureka』は直球のメロディックパンクで始まって「Letter」「eureka」の美しいメロディで幕を閉じるかなり素晴らしいアルバムなので、今後のチャートアクションを楽しみにしたい。

■レジー
1981年生まれ。一般企業に勤める傍ら、2012年7月に音楽ブログ「レジーのブログ」を開設。アーティスト/作品単体の批評にとどまらない「日本におけるポップミュージックの受容構造」を俯瞰した考察が音楽ファンのみならず音楽ライター・ミュージシャンの間で話題に。2013年春にQUICK JAPANへパスピエ『フィーバー』のディスクレビューを寄稿、以降は外部媒体での発信も行っている。

Twitter
レジーのブログ
レジーのポータル

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる