>  > MINMIが語る、エゴとの向き合い方

ニューアルバム『EGO』インタビュー

MINMIが語る、アーティストとしてのエゴの大切さ「意見を言ってみるのは、一歩前に進むこと」

関連タグ
MINMI
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150825_m_a.jpg

 

 MINMIが、8月26日にニューアルバム『EGO』をリリースした。”EGO”というタイトルが表すように、MINMIはーー人生においてエゴは出し合ってこそ、分かり合える人間関係の方が深かったりするわけで、クリエイティブなものを産み出すときにも必要だったりするーーと語り、アーティストとして、母親として挑戦し続けることが大切だという。そうして完成した今作はMINMIにとって”ダンス・ミュージック回帰”と呼べる意欲作。新たな若い世代のファンの支持も集め、第二期に入ったMINMIにじっくりと語ってもらった。(編集部)

「私は挑戦し続けないとダメなんだな、と」

——前作『BAD』から約1年ぶりの新作アルバムですよね。『BAD』からは過激なテイストのシングル「#ヤッチャイタイ」も話題になりましたが、そうした<アーティストとしての思い切りのよさ>が溢れていたアルバムが『BAD』だったのかな、と。その振り切り具合が今作にも繋がっていると思うのですが、ご自身で振り返ってみてどうでしょうか?

MINMI:「#ヤッチャイタイ」は、結構周りのみんなに(リリースを)止められたので、逆に、何をやっても自分は腹括った上で『BAD』を出すぞ、と思ってリリースしたんです。でも多分、ファンの方はすごくその心境を分かってくれていて、MINMIのアーティスト感や尖っている部分が戻ってきた、みたいな気持ちで楽しんでくれたかと思うんですね。

——どちらかといえば、デビュー当時のMINMIさんに近いような?

MINMI:そうですね。デビュー当時、『Perfect Vision』を出したときのように、ダンス・ミュージックをイメージしていた頃のMINMIが戻ってきた、みたいなことも言われましたし。

——色んなことにチャレンジして、そのスタンスに戻ってきたという感じでしょうか?

MINMI:やっぱり私は挑戦し続けないとダメなんだな、と自覚したというのはありますね。以前はむしろ、『Perfect Vision』の頃のイメージを崩すなと言われていて。「写真を撮る時も笑顔はいらない、最初の尖ったイメージのままでいろ」と。でもその時の自分が探していたのは、もっとナチュラルで等身大の自分を音楽で表したいという道だったんです。そんなときに、ずっと突っ張って尖っているっていうのが、自分にはしっくりこなくて。デビュー・アルバムの『Miracle』から次の『Imagine』とアルバムを出していくなかで、だんだんと睨みつけていない写真にも挑戦していって。そのあと、母になって4thアルバムの『MOTHER』を作るときも、母親でいることとアーティストでいることが現実的にかけ離れてしまうから、そこでも「(イメージ的に)大丈夫なの?」という声があったんですね。でも、世の中にない立ち位置を切り拓くということがすごく重要な気がして、あえて”MOTHER”というお母さん目線の歌を作ったりして。そうしたら、お母さんになったことでファンがたくさん増えたんですよ。するとやっぱり「お母さんらしからぬ歌は歌うな」ということにもなり。でもやっぱり、お母さんになったって綺麗にみられたかったり、恋をしたかったりすることもあるじゃないですか。他のお母さんアーティストがやっていないなら、私がやるべきかなと思って、また挑戦して。思い切ってやってみたときに、私から離れていったファンの人よりも、そんなMINMIを応援したいと言ってくれる人が増えたんです。

——まさにMINMIさんというアーティストが、同じ立場の女性の共感を呼んだから、ということですよね。

MINMI:世の中における<言いたくても言えないところを切り開いていく音楽>の必要性をすごく感じましたね。人生において予測できないことはいっぱいあって、「こう思われてるけど、私、実はこんな部分があるんだよ」という部分を出していくのが、音楽的な役目でもあるのかな、と感じることもありましたし。

「MINMIが語る、アーティストとしてのエゴの大切さ「意見を言ってみるのは、一歩前に進むこと」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版