UNCHAINが楽曲リメイクで追求した、本場のグルーヴ『人を踊らすためには「音を抜いてナンボ」』

代表曲のタイトルを変えるほどの覚悟でリメイク

UNCHAIN『10fold』全曲試聴トレーラー映像

--新曲以外で、リメイクした曲の中から、それぞれの推し曲というと?

谷川:3曲目の「Get Ready」は、「Show Me Your Height」のリメイクなんですけど。たぶんUNCHAINで一番有名だと言ってもいいこの曲を、タイトルまで変えちゃうというぐらいの覚悟でやりました。そもそもこの曲をYagiさんが聴いてくれて、「UNCHAINとやりたい」と言ってくれた曲なので、この曲の力を今回あらためて感じました。

佐藤:この前、地元のお祭りみたいなイベントで演奏したんですよ。京丹波の、“黒豆ロック”というフェスで。そこに見に来た近所のおっちゃんおばちゃんとか、絶対にこの曲知らないんだけど、どのカバー曲よりもこの曲の反応が良かったので。「この曲、マジ強い!」と思いました。

谷:僕は「Super Collider」。リメイクのリード曲を、「Get Ready」か「Super Collider」で迷ったぐらい、気に入ってます。この曲はベースラインでギリギリまで迷って、2小節のワンパターンのフレーズをずっとやるんですけど、一部だけ変えようか、いや変えないほうがいい、みたいなやりとりが何度もあって。Yagiさんが「ノリやすいほうでいいよ」と言ってくれて、こういう感じになりました。踊れる感じになりましたね。

谷川:原曲には同期のテーマが入ってて、さらに16分音符のギターのバッキングがあって。リメイクでは同期をなくして、ギターも交互に弾いて、音数が少ない中でグルーヴが出ることを考えました。

谷:聴き比べたらわかるんですけど、元バージョンはイントロが長いんですよ。そこもごっそり削って、まさに削ぎ落とした感じ。

--佐藤くんの推し曲は?

佐藤:「The Sun And Iris」です。日本語の歌詞を英語にしたのが、ものすごくしっくり来ました。そもそもこの曲のデモを初めて聴いた時、つーっと涙がこぼれてきたぐらい、いい曲だと思ってたんですよ。その感じを思い出しました。英語になったおかげで、メロディラインがよりグルーヴィーに聴こえる気がしました。ダンスミュージックではないけれど、こういう曲でも踊れるんだということが、また新しい発見でしたね。より優しく、強くなったと思います。

吉田:僕は「Movin’My Soul」ですね。今回は全曲、せーので録ってるんですけど、これは本当にほとんど直してないと思う。それが本来あるべき姿だと思うし、今の姿がぎゅっと詰まってる感じがします。そこを聴いてほしいです。

いろいろできちゃうからこそ、「媚びないでいこう」

--そしてアルバムタイトルが『10fold』。

谷川:“fold”は倍という意味で、つまり10倍。10周年で、いろんなことが10倍なんでしょうね。たぶん。……そんなに深い意味はないです(笑)。

--最後に聞きたいことが一つあって。UNCHAINは結成から考えると10年どころじゃなくて、20年近いわけじゃないですか。

谷川:19年ですね。

--時代の流れを横目で見ながら、いろいろ変化しながら、本当にタフに活動してここまで来たと思うんですけど。どうですか、今のバンドの現在位置とか、これから先に見えているビジョンとかは。

谷川:そうですね……今思うと10年前には、the band apartの周りにいるバンド、みたいな位置づけにUNCHAINはいて。ほかにもいっぱいバンドがいたんですけど、最近はもうみんな解散しちゃったりバラけちゃったりして、ずっと同じメンバーでやってるのは、UNCHAINとあと1~2個ぐらいしかいないんですよ。当時あったシーンも枝分かれして、それぞれがそれぞれの道を進んで……UNCHAINも独自の道を見つけて進んできたと思うんですけど。昔もそうだったんですけど、群れたくないんですよ。シーンはあってもいいと思うんですけど、馴れ合うのは好きじゃなくて。日本の音楽シーンは、いっぱい人がいるところにみんな行きたいみたいな傾向が強くて、フェスもたぶんそうだと思うんですけど。UNCHAINはそういうものとは関係なく、自分たちの道を進むのがいいのかなと思ってます。今回あらためて感じたことがあって、ロスでライブをした時に、初めてステージに立った時の気分になったんですよ。ここからまだスタートできるんだなって思ったし、まだ伸びしろはあると思ってます。

--そう思います。

谷川:いつまで伸びしろがあんねんっていう話なんですけど(笑)。今回の新曲もそうですけど、これからも、今あまり日本にないようなもので勝負していけたらいいんじゃないかと思ってます。

谷:こういう感じを続けていけたら、自然に広がると思うんですよ。僕らはいろいろできちゃうというか、カバーもできるし、アコースティックもできる。さっき言った“黒豆ロック”の時も、いつもと客層と全然違うから、「カバーを増やす?」という話をしたんですよ。スピッツをやろうとか、久保田利伸をやろうとか。でも結局こいつ(谷川)が、「媚びないでいこう」と言って、そういうことだなと思ったんで。いろいろできちゃうから、今まではそれが逆に余計だったのかな?という感じもするので。今の感じで続けていけたら、それでいいんじゃないかと思います。

(取材・文=宮本英夫)

20150610-unchaintsujo.jpgUNCHAIN『10fold』通常盤ジャケット

■リリース情報
『10fold』
発売:6月17日(水)
価格:通常盤(CD)¥2,778+税
   初回盤(CD+DVD)¥3,426+税
   (UNCHAIN “N.E.W.S.”Release One Man Tourの模様を収録したDVD付!/スリーブケース)

<DISC1(CD)【Type-A、B共通】>
01.Kiss Kiss Kiss
02.Super Collider
03.Get Ready (ex. Show Me Your Height)
04.Tonight’s The Night
05.My Bicycle
06.Come Back To Me
07.Movin’ My Soul
08.Give Me Life (ex. Inspire of life)
09.Life Is A Wonder (ex. Life Is Wonder)
10.The Sun And Iris (ex. 太陽とイーリス)

<DISC2(DVD)【Type-Aのみ】>
UNCHAIN “N.E.W.S.”Release One Man Tour 2014.11.13 at LIQUIDROOM
1.Spin My Head
2.”NORTH”
3.bb…
4.Make it glow
5.Lite The Truth
6.少女ジレンマ
7.Don’t Need Your Love
8.The Grounds Of Heaven
9.Easy Come, Easy Go
10.”WEST”
11.Number-One

特典映像
『Making of 10fold』In Los Angeles

■インストアライブ情報
UNCHAIN 「10fold」 発売記念イベント

6月21日(日)15:00〜@タワーレコード渋谷店 1Fイベントスペース
6月27日(土)17:00〜@タワーレコード横浜ビブレ店 イベントスペース
6月28日(日)12:00〜@タワーレコード新宿店 7F イベントスペース
7月4日(土)15:00〜@たまプラーザテラス ゲートプラザ1Fフェスティバルコート

※各イベント詳細はこちら:http://www.crownrecord.co.jp/artist/unchain/whats.html

■ツアー情報
「UNCHAIN Love&Groove Delivery Tour 2015」
10月23日(金)仙台・enn 2nd OPEN 19:00 / START 19:30
問) LIVE HOUSE enn 022-212-2678
10月27日(火)福岡・CB OPEN 19:00 / START 19:30
問)プロジェクトファミリー 092-406-0855
10月28日(水)広島・Cave-Be OPEN 19:00 / START 19:30
問)夢番地 086-231-3531
10月31日(土)東京・LIQUIDROOM OPEN 17:00 / START 18:00
問)ディスクガレージ 03-5447-8277
11月6日(金)名古屋・CLUB QUATTRO OPEN 19:00 / START 19:30
問)ジェイルハウス 052-936-6041
11月13日(金)大阪・BIG CAT OPEN 18:30 / START 19:30
問)夢番地大阪 06-6341-3530

チケット料金:3,800円(税込)
オフィシャルHP先行受付:6月13日(土)12:00 ~ 6月28日(日)23:00まで
一般発売日:7月25日(土)

http://starlinemusic.jp/unchain/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる