>  > 怒髪天×10-FEET×G-FREAKのフェス鼎談

柴 那典「フェス文化論」(『SATANIC CARNIVAL ’15』特別編)

怒髪天・増子 × 10-FEET・TAKUMA × G-FREAK FACTORY・茂木、これからのフェス文化を語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

増子「ロックは不良のものであってほしいという願望はずっとあるよね」

4405th_.jpg

 

――増子さんから見た横山健さんというのは、どういう存在なんでしょう?

増子:付き合いは古いよ。ハイスタの最初のボーカルが俺の友達だからね。まだ4人だった頃。横山も下北沢屋根裏のバイトだったから。俺らがやってるライブで、お客さん4人くらいしか居ないところで照明やったりしてたよ。

TAKUMA:そんな時代からだったんですね。

増子:ハイスタって、パンクを方向転換した立役者なんだよ。それまでは裏に裏に、日陰に日陰に向かってたのが、外に開けていくようになった。そして、PIZZA OF DEATHも「自分達にもできることはあるんだよ」ということを見せてきているから。たぶん、SATANIC CARNIVALも、フェスというもの自体を、もう一回AIR JAMみたいに自分たちの手に取り戻そうとしてるんじゃないかなと思うんだけどね。知名度がないと呼ばれないとか、いろんな事務所の思惑が絡むものじゃなく、もっとノリで「いい」と思ってるものを出していくようなものになるんじゃないかな。だから、いろんなカラーのキャラクターと柱が必要になる。今は試行錯誤してると思うよ。1、2回くらいじゃ完成形は見えないと思うけど、だからこそ、全力でやるしかない。どこよりも一生懸命やらないといかんと思う。そういう責任感はあるよ。

TAKUMA: SATANIC CARNIVALは、今のPIZZA OF DEATHが、今の時代にあった新しい場所を作ろうとしてくれているわけだと思うんです。でも、やっぱり、増子さんや僕や茂木が見てきたライブハウスシーンには、「このバンド格好ええやん」と不意打ちで好きになったり、お客さんがちょっと酔っぱらいながらふらふらしてたり、たまに転がってたり、どこかで誰かが喧嘩してたり、そういうちょっと不良な雰囲気とか本当は要らない緊張感もありながらの、ダラダラしたイベントだからこそ「よかったな」と思える青春って僕には沢山あるんです。そういうものをフェスのサイズでいろんな人に伝えられたらいいなと思うんですけど。でも、それはすごく難しい。

――難しいですか。

TAKUMA:これだけ沢山フェスがあるけれども、あの雰囲気とかあの味を出せてるフェスって皆無やと思うんですよね。僕はAIR JAMの会場には行ってなかったけど、映像は穴があくほど見て、あそこにはそれがあったと思うんですよ。そういうものも伝えられたらいいなあと思うんですけどね。でも今はアクセスの問題もあるし、お客さんがネットを使って全員がインディペンデントのメディアみたいになっちゃったから、そういうダラダラしたフェスとかイベントとか、その中で起こるちょっとした事件とかも、今だと簡単に大問題になっちゃう。だから、なかなかデリケートで難しいんですけど。でも、ああいうところやからこそ、一生思い出に残る場面があるような気がしています。SATANIC CARNIVALは、時間を掛けてでも、その一部分でも見せたいというところもあるんじゃないかなという気がするんですよね。

増子:ロックは不良のものであってほしいという願望はずっとあるよね。健康的なアミューズメントであってほしくはない。ある程度、後ろ暗いものであってほしいと思う。でも、今はそうじゃなくなってきてる。それが悪いとは思わないけど、緊張感なく「今日はよろしくお願いいたします!」みたいな感じでライブやってすぐに帰るとか、何の引っかかりもないのよ。それはロックではないと思うから。「あいつ生意気で気に入らないな」と思ってライブを見たら「めちゃくちゃいいな!」ってなって、それで仲良くなったりとかさ。そういうのが美しいんだよ。楽しくなっちゃって酔っぱらっちゃってさ、友達に置いてかれちゃって、ゲロ吐いたりして、見たいバンド見れなかったとかさ(笑)。それくらいでいいんだよ。それで来年も行こうということになるからさ。

TAKUMA:話だけ聞いてたら、矛盾というか、本末転倒と言ってもおかしくないくらいの結果なんですけどね。

増子:体験だからな。面白いイベントに出るたびに思うけど、あれは体験なのよ。そこで起こっている事件を体験しにくるわけ。神輿を一緒に担ぎに来てるわけだから。テレビで見るものとは全然違う。痛くないからね。意外と身体がぶつかって痛くて頭にきて燃えたりするからね。ライブって。

TAKUMA:インターネットではわからないですよね。

増子:そう。インターネットじゃ画面が小さすぎるからな!(笑)。

(取材・文=柴 那典/写真=石川真魚)

■イベント情報
『SATANIC CARNIVAL ’15』
場所:幕張メッセ国際展示場9-11ホール
日時:2015年6月20日
物販開始/BOOTH AREA 開場 8:30
LIVE AREA 開場 10:00 / 開演 11:30
終演予定 21:15

【出演アーティスト】
04 Limited Sazabys / 10-FEET / BACK LIFT / BUZZ THE BEARS / cordrain(New) / CRYSTAL LAKE / FACT(New) / Fear, and Loathing in Las Vegas / GOOD4NOTHING / G-FREAK FACTORY / HAWAIIAN6 / KEMURI / Ken Yokoyama / locofrank / MONGOL800(New) / OVER ARM THROW / RADIOTS / ROTTENGRAFFTY / SHANK(New) / The BONEZ(New) / WANIMA / 怒髪天

詳しくは公式ホームページで→http://satanic.jp/2015/

「怒髪天・増子 × 10-FEET・TAKUMA × G-FREAK FACTORY・茂木、これからのフェス文化を語る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版