AKB48渡辺麻友センターの新曲は「恋チュン」を超える!? 2曲の音楽的な相違点を分析

 AKB48が、8月27日発売の“総選挙”後初となるシングル『心のプラカード』から、表題曲のMVダイジェスト映像を公開している。

 同曲は昨年の総選挙後のシングル「恋するフォーチュンクッキー」と同じく、70年代のディスコサウンドをイメージして作られたもので、老若男女が歌いやすい楽曲。振り付けもラッキィ池田が担当した踊りやすいものに仕上がっており、これは昨年の総選挙曲である“恋チュン”を踏襲したという声が少なくない。

【MV】心のプラカード ダイジェスト映像 / AKB48[公式]

 渡辺自身も「恋チュンには負けたくない」と語っていたが、この2曲の音楽的な違いとは何なのだろうか? 当サイトで楽曲分析記事を執筆しているトレモロイドの小林郁太氏は以下のように語った。

「AKB48の楽曲は、ポップで分かりやすいコードをいかにリズムの気持ちよさで聴かせるかという部分に力を入れているように感じます。つまり、ベタなコード進行でも気持ち良く聴けるようなサウンドであるという点では『恋するフォーチュンクッキー』と『心のプラカード』の2曲もまた似ていると言えるでしょう。しかしすごく似ているというわけではない。音楽の構造的には『心のプラカード』は『ヘビーローテーション』に近いと感じました」

 では、「心のプラカード」と「恋チュン」の違いは具体的に何だろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる