>  >  > 『半分、青い。』古畑星夏の“悪役”ぶり

古畑星夏の“悪役”ぶりが話題に 『半分、青い。』すれ違っていく鈴愛と律

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『半分、青い。』第10週「息がしたい!」は、鈴愛(永野芽郁)と正人(中村倫也)、律(佐藤健)と清(古畑星夏)、それぞれが大切な時間を育み始めた月曜日から、律を巡る鈴愛と清のドロドロの言い争いへと発展する土曜日まで、まさに急転直下の週であった。

 特に、鈴愛と清の少しずつ溜まっていた膿を全て出し切るような醜い口喧嘩は、朝から見ていて辛くなるほど。清の恐ろしいほどの嫉妬心と、心の支えである“私の”律を奪われた鈴愛。2人が初めて対峙するのは、喫茶・おもかげでだが、律を介してマウントの取り合いは見えないところで始まっていた。

 清は律の左手の薬指の爪に、自分と同じすみれ色のマニキュアを塗る。エリートとして育ってきた清にとって、律は自分と同等の一緒に歩いていて恥ずかしくない相手。律が清を運命の相手と思い続けてきた以上に、清にとっても律は運命の相手であり、自分を高尚な人物として保つことができる彼なのだろう。そんなときに現れる、律と知らない女性・鈴愛が楽しそうに笑う、梟会での写真。おまけに、相手の母親とまで親しげに話す律に、清は気が気ではない。

 一方の鈴愛は、正人とあえなく失恋。そんなとき、支えになるのはやはりマグマ大使の律だった。けれど、律の左手の薬指には、すみれ色のマニキュア。そして、「清」と、律が自分以外の女性を呼び捨てにするのは初めてだった。秋風塾でのアイデア出し「最近心に刺さったこと」で、鈴愛は律の1本だけの爪の色を挙げる。「自分の心を見つめ続けることが創作の原点なら、これは苦しい仕事ではありませんか?」、そう言って鈴愛が本心と向き合っているとき、場面は、すみれ色で塗られた律の左手薬指が、私の11本目の指と話す清と律のシーンに切り替わる。西日が差す部屋に乱れたベッドと、律の部屋着を着る清、おもむろに律が手渡すペットボトルは、律が一つ大人になったことを物語っていた。

      

「古畑星夏の“悪役”ぶりが話題に 『半分、青い。』すれ違っていく鈴愛と律」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版