>  >  > 『花晴れ』“天馬くんフィーバー”過熱

『花のち晴れ』杉咲花演じる音の嫉妬心が甘酸っぱい ネットでは“天馬くんフィーバー”が過熱

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “C5”のメンバー、愛莉(今田美桜)が音(杉咲花)の味方につき、晴(平野紫耀)と天馬(中川大志)がライバル争いを繰り広げる三角関係が始まると思われた矢先、人気モデル・メグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえ)の登場によって再び複雑な四角関係が出来上がったTBS系列火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』。

 5月15日に放送された第5話は序盤から、甘酸っぱい青春ラブストーリーの様相を辿るエピソードとなった。晴への想いが徐々に大きくなりながら、それを認めたくない音の心情と、音にどう接するべきか悩む晴。そんな2人の間に割って入ってきたメグリンという恋のライバルを前に、音は無意識に嫉妬心をあらわにしてしまうのである。

 一茶(鈴木仁)の華道パーティでメグリンに言い寄られ、表情を綻ばせた晴に向けて音が言い放つ「ほんと、しょーもない!」の言葉は、これまで何度も登場してきた同じ言葉とはニュアンスがすっかり変わったようにも感じ取れる。トゲがないのはもちろん、音がその言葉を言うときには、晴が避けたい“壁”がふたりの間から完全に消えてなくなる瞬間のようにも見える。

 それにしても、このメグリンというキャラクターの持つポテンシャルの高さは尋常ではない。例えばこれまで音のライバルだった愛莉は不動産王の令嬢で、典型的な美少女キャラ。それでいてお嬢様気質のワガママぶりを超越した強烈な“メンヘラ”でもある愛莉。エキサイトすると手当たり次第に物を投げる癖や、メグリンに苛立ちダンベルのシャフト部分を持ち出すという、なかなか猟奇的な部分が目立つ。

      

「『花のち晴れ』杉咲花演じる音の嫉妬心が甘酸っぱい ネットでは“天馬くんフィーバー”が過熱」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版