>  > 『フォーリング・ウォーター』の複雑なパズル

『インセプション』以降の“夢”の在り方ーー『フォーリング・ウォーター』の綿密で複雑なパズル

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン動画配信サービス「Hulu」が今年9月に行った「HuluプレミアAutumn 2017-Spring 2018 Line-up発表会」において、今年のエミー賞で作品賞に輝いた『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(2018年初春配信予定)と並んで、ひと際注目を集めた海外ドラマ『フォーリング・ウォーター』。その日本独占配信が、いよいよ始まろうとしている。

 ドラマ『ウォーキング・デッド』の製作総指揮をはじめ、映画『ターミネーター』シリーズ、『エイリアン』シリーズなどの製作にも名を連ねているゲイル・アン・ハードと、スパイ・スリラー『HOMELAND/ホームランド』などの脚本を手掛けてきたヘンリー・ブロメルがタッグを組んで生み出したサスペンス・スリラーという触れ込みの本作。本国アメリカでは、『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』など、秀作ドラマ・シリーズの放送で知られるUSAネットワークでオンエアされ、静かなブームを巻き起こしたというこのドラマは、こんなナレーションによって本格的に幕を開けるのだった。

「誰もが夢は個人的な現象で、自分だけのものと思う。それが間違いなら? 我々の夢が壮大なモザイクの断片だとしたら? ある人物が自分の夢から他人の夢の中へ入れたら? その人物があなたなら?」。

 物語の中心となるのは、互いに面識のない3人の登場人物だ。ひとりは、世の中のトレンドを直感的に予測する「トレンドハンター」という仕事を生業とする女性、テス(リジー・ブロシュレ)。かつて精神を病んでいたことのある彼女は、7年前に自らが妊娠し、男の子を出産したという「妄想」に囚われている。なぜなら今も、連日その「夢」を見るからだ。しかし、その事実は彼女の「記憶」にないし、「記録」にも残っていない。周囲の人物も、そんな事実はないと彼女をたしなめる。それは果たして、彼女の「妄想」なのだろうか? それとも何者かによって隠された「現実」なのか?

 2人目の人物は、国際投資銀行の「フィクサー」として働く男性、バートン(デヴィッド・アヤラ)だ。元イギリス陸軍の特殊空挺部隊(SAS)である彼は、持ち前の洞察力を活かして、従業員のトラブルを秘密裏に処理したり、取り引き相手の知られざる素性を探るなど、「影の仕事」を一手に引き受けている。しかし、そんな彼もまた、連日ある「夢」に苛まれている。かつて彼が愛しながらも、忽然と姿を消した女性(名前は明らかにされず、ただ「赤い服の女」とだけ表記されている)に関する「夢」だ。彼女が現れるのは、彼が眠っているときだけではない。まるで「白昼夢」のように、それは彼の「現実」を次第に侵食し始めるのだ。だが、そもそも彼女は、本当に実在するのだろうか?

 最後のひとりは、ニューヨーク市警の刑事、タカ(ウィル・ユン・リー)だ。優秀な刑事である一方、7年前からずっと昏睡状態にある母親の介護に追われる彼は、どうやら過去、その母親と何らかの確執があったようだ。彼が「夢」で見るのは、自分が少年だった頃、母親との懐かしい記憶だ。しかし、ある事件をきっかけに、彼はあるカルト教団の集団自殺の現場に遭遇する。お揃いの緑色のスニーカーを履いた7人の遺体と、壁に鏡文字で書かれた「TOPEKA(トピカ)」という言葉。そのカルト教団の捜査を進めるなかで、彼は教団の関係者から意外な話を持ち掛けられる。「私たちは、あなたの母親を救う方法を知っている」と。なぜ、母親の存在を知っているのか? 母親と教団は、過去に何らかの関わりがあったのだろうか?

 その人物の過去と現在をめぐる問題と、それぞれの「夢」に表象される深層心理など、ひとりひとりのエピソードだけでも十分一本の作品になり得るようなディテールと深み、そして数々の「謎」に満ち溢れた物語。本作が興味深いのは、彼ら3人がそれぞれに見る「夢」が、実に複雑な形で絡まり合っている点にあると言えるだろう。互いの存在を知らない彼らは、やがてそれぞれの「夢」のなかで邂逅する。そこは、市松模様の床が印象的な、雰囲気のある洒脱な高級レストラン「マルチェロ」。そこには、彼らが現実世界で見知った人物や、顔の無い謎の男(!)……そして、テスが探し求めている息子の姿もあるのだった。これは、果たして誰の「夢」なのか? そして、その「夢」が彼/彼女たちに暗示するものとは、何なのだろうか?

      

「『インセプション』以降の“夢”の在り方ーー『フォーリング・ウォーター』の綿密で複雑なパズル」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版