>  >  > 米ディズニー買収によるFOX作品への影響

『デッドプール』に“破門”危機? 米ディズニー買収によるFOX作品への影響

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ディズニーが、600億ドル(約6兆6,000億円)で21世紀FOXの一部事業を買収する予定だとアメリカの放送局CNBCが5日に報じた。来週にも正式発表される見込みだ。

 買収されるのは、映画やテレビスタジオに関する事業や、傘下にある海外のケーブル放送局。米ディズニーはこれまで、ピクサー・アニメーション・スタジオや、アメコミ出版社マーベル・エンタテインメント、ルーカス・フィルムを買い取ってきたが、そこに21世紀FOX傘下の映画スタジオ米20世紀FOXやテレビ番組制作部門の作品が仲間入りを果たす。

 その中でも注目なのが、マーベル・コミックの実写化作品。米20世紀FOXが映画化権を持っていた『X-men』や『ファンタスティック・フォー』のキャラクターたちが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に合流する可能性があるのだ。

 MCUでキャプテン・アメリカ役を務めているクリス・エヴァンスは、この報道にすぐさま反応。実は彼は、『ファンタスティック・フォー』シリーズで炎を操るヒーロー、ヒューマン・トーチを演じた過去があり、「じゃあ、キャプテン・アメリカとヒューマン・トーチがバディを組むコメディーのスピンオフは誰に持ちかければいいの? 僕は『大災難P.T.A.』
と『ファミリー・ゲーム/双子の天使』を掛け合わせる感じで想像してるんだけど」と冗談混じりにツイートしている。

      

「『デッドプール』に“破門”危機? 米ディズニー買収によるFOX作品への影響」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版