>  > 川栄李奈、『アシガール』インタビュー

川栄李奈が語る、『アシガール』阿湖姫役の楽しさ 「唯之助とは対照的なお姫様感を意識しています」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日、土曜時代ドラマ『アシガール』(NHK)の第9回「せつないラストチャンス!」が放送される。同ドラマは、『ごくせん』『デカワンコ』の森本梢子による同名人気コミックを実写化したエンターテインメント時代劇。脚力だけがとりえの女子高生・速川唯が、愛する若君を守るために戦国時代にタイムスリップし、足軽となって戦場を駆ける模様を描く。

 リアルサウンド映画部では、忠清(健太郎)との婚約の話が進められている松丸家の姫・阿湖役の川栄李奈にインタビュー。阿湖姫役への想いや、時代ドラマだからこその大変さ、AKB48を卒業して女優として活躍している現在などについて、じっくりと語ってもらった。【インタビューの最後には、チェキプレゼント企画あり!】

「挑戦することに対して、怖いという感情がない」

ーー川栄さんは『アシガール』をはじめ、ドラマや映画などでは脇を固める役で輝いている印象ですが、逆に「もっと主役をやりたい」という気持ちになることは?

川栄李奈(以下、川栄):あまりないですね。私は主役をやりたいわけではなく、とにかくお芝居をしたいという気持ちが強いので、やらせていただけるなら何番手でもいいんです。たとえ出番が少なくても気にしません。それ以上に色々な役に挑戦していきたいです。

――川栄さんは映画『亜人』でのアクションシーンや、ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系)でのラブシーンなど、様々なことに果敢に挑んでいる印象です。

川栄:挑戦することに対して、怖いという感情がないんです。自分が普段だったら出来ないことをお芝居でできるからこそ、すごく楽しくてワクワクします。

ーーラブシーンに対しての抵抗もないのですか?

川栄:ないですね。お仕事なので、完全に割り切っています。ただ、やってる時はいいんですが、オンエアされたものを観るのはちょっと勇気がいります。『僕たちがやりました』の時は、「めっちゃチューしてるよ……」って少し恥ずかしくなりました(笑)。

――では、今一番やってみたい役は?

川栄:基本的にホラーとか、ちょっと暗いお話が好きなので、そういう作品に出演してみたいです。明るい役をいただくことが多いのですが、私自身は普段インドアでどちらかと言うと静かな方なので、そういった内向的な部分を活かせる役をやってみたいです。

――川栄さんは明るくて元気ハツラツというイメージがありました。

川栄:そうなんです。よく言われるんですけど、実は全然明るくないんですよ(笑)。

――川栄さんが演じている阿湖姫は、可愛くておっとりした性格の完璧な女の子です。川栄さん自身と共通点はありますか?

川栄:共通点……全然ない気がします。喋り方や雰囲気なども阿湖姫とは違うので。強いて言うなら、唯之助(速川唯/黒島結菜)への気持ちの変化は似ていますね。私も友達がすごく好きなので、阿湖姫が唯之助と仲良くなるにつれて、どんどん心を開いていく感じには共感します。

「川栄李奈が語る、『アシガール』阿湖姫役の楽しさ 「唯之助とは対照的なお姫様感を意識しています」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版