>  >  > 『奥様は、取り扱い注意』の予想裏切る展開

綾瀬はるかVS西島秀俊の可能性も? 『奥様は、取り扱い注意』の予想裏切る展開を読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月4日からスタートした『奥様は、取り扱い注意』は、ヒロインの奥様が女性たちを救う一話完結のコメディである。しかし、それだけではなく、何か予想を裏切る展開がこれからあるのではないかとも感じられた。

 ドラマは、元工作員であった主人公の過去のシーンからスタートする。しかし、彼女が求めているものは、おだやかな暮らしと気づき、自分が死んだことにして第二の人生をスタートさせる。その後、片山菜美という名前で派遣社員として受付をしておだやかな生活をしていたところ、合コンで夫となる伊佐山勇輝(西島秀俊)に出会い、めでたく結婚。近所に大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)という友達もできて、平穏に暮らしているかと思いきや……という物語だ。

 コミカルな部分もあるが、取り扱う出来事はシリアスで、そこに対しては茶化したり、現実を軽く見ているような部分はない。

 しかも、広末演じる大原と綾瀬演じる菜美の「やんちゃな過去は男にとっては武勇伝になるけど女の場合は黒歴史でしかないもんね」「女に求められるのはかわいいとか初々しいとか基本的にはお人形さんでいることだからね」「女が渋くて強かったらダメなんですかね。かっこいい大人の女を目指しちゃダメなんですかね」というやりとりのように、時折はっとするようなセリフも出てくる。

 そんな本作では、毎回、菜美がさまざまな出来事に出くわす。料理教室に行けば、夫からDVを受けている参加者と出会い、近所に元AV女優だからといって嫌がらせを受けている主婦がいたりもする。それを受けて菜美がどうするかというと、虐げられた女性たちを苦しめた張本人たちに、怒りの鉄拳で制裁していくのだ。そのときの決め台詞が「私が助けてあげようか」「このことは内緒にしといてね」というのが綾瀬らしい。

 一話完結で、誰かが悪いやつらをとっちめるドラマでいうと、古くは『水戸黄門』などがある。また女性が主人公の作品も広い意味では多く、近年では杏主演『花咲舞が黙ってない』などがあったし、古いところでは、『スケバン刑事』などもその一種であるだろう。

 しかし、本作で取り扱うのは、企業内の不正や社会の中の悪というよりも、二話まで見ている限りでは、女性たちに降りかかるさまざまな困難に絞っているように見える。

 そう思いながら、まだ放送されていない三話のあらすじを見ると、どうやらボスママを巡ってママ友のいざこざが描かれるようであった。もしかしたら、また今までのドラマのように女性同士のいがみあいに落とし込まれてしまうのかと思ってしまったが、その先に、菜美がボスママにもなんらかの悩みがあることを察し、彼女のことも救おうとしていると書いてあった。

 きっと、このドラマでは、単純に女と女の対立を描くわけではないという考えがあるのではないだろうか。スタッフのクレジットを見ると、過去に『アズミハルコは行方不明』のプロデュースをした枝見洋子氏の名前があるのを見てもそう思った。

 このほか、西島秀俊演じる菜美の夫と、菜美との直接対決もあるのではないかという期待も寄せられているようだ。

 確かに、菜美は工作員であった経験から、日常生活でも目ざとく異変を見つける。料理教室で知り合った友人が、どこか体の様子がおかしいことを見つけて、DVを受けていることを察するシーンがある。西島演じる夫からも、どこかそういう察しの良さを感じさせる。また、夫については過去が明らかにされていないところが多い。菜美が彼に一目ぼれしたのも、5秒で倒せそうな男ではないからだ。そんな男がただものなわけがないと思わせる。

      

「綾瀬はるかVS西島秀俊の可能性も? 『奥様は、取り扱い注意』の予想裏切る展開を読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版