>  >  > M・スコセッシ、『健さん』出演へ

マーティン・スコセッシ、高倉健ドキュメンタリー『健さん』出演へ ポスタービジュアルも公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『タクシードライバー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーティン・スコセッシ監督が、8月20日に公開される高倉健のドキュメンタリー映画『健さん』に出演することが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

20160603-kensan-sb.jpg『健さん』ポスタービジュアル

 本作は、2014年11月10日に逝去した高倉健の長編ドキュメンタリー映画。ニューヨーク在住の写真家/映画監督・日比遊一がメガホンを取り、高倉にゆかりの深い人物、国内外20人以上の証言とともに高倉の素顔に迫る。

 山田洋次監督や梅宮辰夫ら、日本の映画人をはじめ、『ブラック・レイン』で高倉と共演したマイケル・ダグラス、高倉ファンを公言している『レッドクリフ』シリーズのジョン・ウー監督ら、海外の俳優や監督のインタビューを収録。「漫然と生きる男ではなく、一生懸命な男を演じたい」「どんなに大声を出しても、伝わらないものは伝わらない。むしろ言葉が少ないから伝わるものもある」などの高倉による人生哲学も収められている。

 スコセッシ監督は劇中で、高倉と長年連絡を取り合いながらも、共に仕事をすることがかなわなかった無念や、高倉との出会いなどの思い出を語っている。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、上段に生前の高倉とゆかりが深い映画人や関係者の名前が綴られ、下段には過去に数々の高倉の肖像を世に送り出した、福山小夜の絵が使用されている。“健さん”というメインタイトルを書いたのは、2009年に旭日小綬章を受章した書家・中野北溟、デザインは長友啓典が手掛けた。

 なお、『健さん』は、現地時間6月11日から19日にかけて行われる第19回上海国際映画祭「2016上海・日本映画週間」への出品が決定しており、上海国際映画祭レッドカーペット、 日本映画週間オープニングセレモニー、日本映画週間レセプションパーティー、『健さん」舞台挨拶に日比遊一監督が参加する予定だ。

■公開情報
『健さん』
8月20日(土)全国ロードショー
監督:日比遊一
出演:マイケル・ダグラス、ポール・シュレイダー、ヤン・デ・ボン、ユ・オソン、チューリン、ジョン・ウー、マーティン・スコセッシ、阿部丈之・真子、石山希哲・英代、今津勝幸、梅宮辰夫、遠藤 努、老川祥一、川本三郎、佐々木隆之、澤島 忠、関根忠郎、立木義浩、中野良子、西村泰治、降旗康男、森敏子、八名信夫、山下義明、山田洋次、中井貴一(語り)
エグゼクティブ・プロデューサー:李鳳宇
音楽:岩代太郎
写真提供:遠藤努、今津勝幸、立木義浩、操上和美、高梨豊
製作:ガーデングループ
制作・配給:レスぺ
2016年/日本/95分/カラー・モノクロ
(c)2016 Team “KEN SAN”
公式サイト:kensan-movie.com

「マーティン・スコセッシ、高倉健ドキュメンタリー『健さん』出演へ ポスタービジュアルも公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版