>  >  > 嵐大野がラブコメに挑戦した理由

嵐・大野智がラブコメディーに挑戦する意義は? 明治大学の名物講師に訊く

関連タグ
アイドル
イケメン
ジャニーズ
世界一難しい恋
大野智
関修
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-arashith_.jpg

(C)タナカケンイチ

 嵐の大野智が4月スタートの日テレ系連続ドラマ『世界一難しい恋』にて、自身初のラブコメディーに挑戦することを発表し、話題となっている。大野が演じるのは、老舗旅館の後継ぎでホテル業界に進出した若社長で、客を満足させることにかけては天才的な資質を持つものの、女性を喜ばせる才能は一切ないという変わり者。恋に奮闘する姿をコミカルに演じることについて、大野は「ラブコメは初めてですが『コメディー』がついていて安心した。純粋なラブストーリーは恥ずかしくて出来ないですから」とコメントしている。

 これまで『怪物くん』(日テレ系)や『死神くん』(テレビ朝日系)といった作品で、漫画的なキャラクターを演じて好評を博してきた大野がラブコメディーに挑戦することには、どんな意義があるのか。明治大学法学部で嵐を題材にした講義を行っている関修氏に訊いた。

「大野さんは嵐というグループの中でも特殊なポジションにいるひとで、リーダーではあるものの率先してメンバーを引っ張っていくのではなく、一歩引いてグループを後ろから眺めているような、どこか達観したようなところがあります。そうした立ち振る舞いは彼の役者としてのスタンスにも通じていて、自らの個性を前面に出してリアリティのある演技をするというより、非日常的なキャラクターとして存在感を発揮するほうが得意です。『怪物くん』や『死神くん』などの役柄は、だからこそハマり役となったのでしょう。今回はラブコメディーに挑戦するということですが、大野さん自身が言っているように“コメディー”であることが重要で、リアリティを求められるシリアスな役柄ではないところがポイントになると思います。大野さん本来の性格を出すのではなく、非日常的なキャラクターを演じるという点においては、これまでの作品の延長線上にあるものですし、彼にとっても演じやすい役柄なのでは。コメディーという枠組みの中でなら、ラブシーンでも振り切った演技が期待できるかもしれません」

 また今回、大野が新たな役どころに挑戦することは、嵐というグループの新たな方向性も示唆していると、同氏は続ける。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版