>  > K・スチュワートの魅力を読む

クリステン・スチュワート、なぜ全米屈指の売れっ子女優に? 脱力感ただよう演技の魅力

関連タグ
エージェント・ウルトラ
クリステン・スチュアート
ジェシー・アイゼンバーグ
マックス・ランディス
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 薬漬けで無気力なコンビニ店員が、特殊訓練を受けた敏腕エージェントとして覚醒してしまった! そんな若干既視感のある物語が全力で展開する新作コメディ『エージェント・ウルトラ』が1月23日から公開される。

20160115-AgentUltra-sub1-th.jpg

(c) 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

 アメリカン・コメディが冷遇を受けている日本では珍しいことといえよう。主演は『ソーシャル・ネットワーク』(10)で一躍注目を浴びたジェシー・アイゼンバーグ。今年は『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』で宿敵レックス・ルーサーを演じることでさらに飛躍の年となる予感が漂う若手俳優の一人だ。そしてヒロインを演じるのが『トワイライト』(02~12)シリーズで一躍マネーメイキング・スターの仲間入りを果たしたクリステン・スチュワート。かつてCIAの極秘実験に参加した過去を持つ主人公マイクが、ある事件をきっかけに能力が覚醒。スチュワート扮するフィアンセ、フィービーと共に、マイクの抹殺を目論むCIAの刺客と戦う……そんなストーリーだ。

 監督は本作が長編二作目の新鋭ニマ・ヌリザデ。そして脚本を書いたのは『ブルース・ブラザーズ』(80)や『大逆転』(83)を世に解き放したアメリカン・コメディ界のベテラン、ジョン・ランディスを父にもつマックス・ランディス。父のDNAを正しく受け継いだコメディ・センスが随所に光る展開は見事だ(ただし覚醒したスパイというプロットそのものの既視感は否めないが、本作は実話をもとにしているのだから仕方がない)。

 今回この稿で取り上げるのは、ジェシー・アイゼンバーグではなく後者のクリステン・スチュワートの方だ。目下ハリウッドで活躍する若手女優の中でも、トップファイブに入る実力派女優の一人として認知されているが、彼女の風貌から“若々しさ”や“健康的”といった形容詞は浮かんでこない。にも関わらずヨーロッパの監督や、あのウディ・アレンまでも魅了するほどの活躍をみせている理由は一体どこにあるのか?

20160115-AgentUltra-sub5-th.jpg

(c) 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

 まず誰もがクリステン・スチュワートの顔の中で、一番注目するのは、その眼だ。どんな状況下でもカッと見開くというリアクションは殆ど無く、世界中の男子のハートを鷲掴みにしたメグ・ライアンのようなコロコロと変わる豊かな表情も持ち合わせていない。どちらかといえば無表情で無気力、そして脱力感しか伝わってこない。

 しかし、そんな彼女も一度セリフを喋りだすといきなり豹変する。半開きの眼で相手役を見据えながら、マシンガンのように攻撃的な口調で威圧する。スチュワートが演じてきた多数の“心の片隅に問題を抱えたティーンエイジャー”というキャラクターが、演技の枠を超えて彼女に憑依したかの如く観客を圧倒させるのだ。『エージェント・ウルトラ』の中でも、無気力なアイゼンバーグを叱咤するシーンはゾクゾクする。

     
  • 1
  •  
最新作品レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版