> Pet Shop Boys

Pet Shop Boys

(ペット・ショップ・ボーイズ)

ペット・ショップ・ボーイズは「ウェスト・エンド・ガールズ」がメガ・ヒットを記録した後も、電子的なユーロ・ダンスに、優雅な憂いや皮肉めいたユーモア感覚、さらに映画音楽的なオーケストレーションを持ち込むことによって一発屋になってしまうことを免れた。基本的なビートの要素と電子楽器の操作、そしてさまざまな音響効果を担っているのはクリス・ロウの方だが、その成功はニール・テナントの力に依るところが大きい。彼のヴォーカル・スタイルにはジョン・レノンを彷彿させる、どこか超然とした味わいがあり、彼自身もジョニ・ミッチェルやニール・ヤングなどといったまったりとした叙情派を好む。90年に発表された傑作アルバム『ビヘイヴァー』は限りなくダンス・ミュージックから遠ざかった作品だったが、その後の『ナイトライフ』では、享楽的ななディスコ・サウンドが展開されている。かと思えば02年の『Release』では元ザ・スミスのジョニー・マーもゲスト参加し、ネオアコ的ともいえるメロウな楽曲を披露。その音楽性はひとところに留まらない。06年には14年ぶりにトレヴァー・ホーンをプロデューサーに迎え、彼らの歴史を総括するような充実作『FUNDAMENTAL』を発表した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版