>  > たぴみる×ヒロキ(リリィ、さよなら。)対談

『モテないくせに(`;ω;´)』インタビュー

たぴみる×ヒロキ(リリィ、さよなら。)対談 “苦悩と葛藤”から生まれた「ロンリーコール」制作秘話

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年デビューしたばかりのアニソンシンガー・たぴみるが、約1年ぶりとなる2ndシングル『モテないくせに(`;ω; ́)』をリリースする。カップリングには、明るくポップな表題曲やデビュー曲とは打って変わってしっとりとしたサウンドの「ロンリーコール」を収録。作曲担当はヒロキ(リリィ、さよなら。)、そして歌詞は二人の共作だ。

 話を聞くと、この曲は単なるバラードではないようだ。動画投稿者として受賞経験もある、マルチな才能を持った彼女が自分自身と向き合い続けたこの1年間の苦悩と、同じくデビュー以降にヒロキが陥った葛藤という、両者の内面のサイクルがピタリとシンクロして生み出されたバラードだったのだ。初対面の時からシンパシーを感じたという二人の対談を通して見えてきた、この楽曲の背景に迫る。(荻原梓)

「人生についての考え方みたいなところでシンパシー」(ヒロキ)

――お二人の初対面はどのタイミングでしたか?

たぴみる:一緒に曲を作ることが決まって、仮レコーディングの時ですよね。

ヒロキ:そうです。プリプロの日です。お互いこのお仕事を通じて知り合ったんですけど、最初から近い匂いを感じましたね。こういう業界じゃないと生き辛そうな……(笑)。いい意味で人見知りな感じで。最初イケイケな子が来たらどうしようと思ってたんですけど、等身大の女の子という感じでホッとしました。

たぴみる

たぴみる:優しそうだなって。最初アニメの話をしましたよね。Twitterでアニメのことツイートしたら「わかる」ってリプが来たので、すぐにオタクトークをして。

ヒロキ:前作のMVを見させていただいて。とても元気だったのでこれはどうしようと不安だったんですけど、オーダーがバラードだったのでそこは安心しました。

たぴみる:今までアップテンポの曲が多かったので、今回は1曲バラードが欲しいなと思っていたんです。

ヒロキ(リリィ、さよなら。)

――表題曲と比べると、かなりギャップがありますよね。

たぴみる:自分では”ジェットコースターシングル”って呼んでます(笑)。デビュー前に自分で動画配信してた時は、アルバイトが終わったあとの深夜に「子守唄配信」なんてタイトルをつけて、バラードやエンディング曲を中心に歌ってたんです。なので、どちらかと言うと歌うのはバラードの方が実は数は多くて。デビューシングルが明るい曲だったのは、こういうのが合うと思われてるんだって自分でもびっくりしました。そこで新しい自分を発見できたんですけど、今回は今まで愛着があったバラードがやりたいなと。

ヒロキ:最初に細かいストーリーのようなオーダー表を送っていただいたんです。すごくきっちり書かれたもので。そこに「こういう子なんだろうな」という人となりが表れてましたね。それに沿って試行錯誤しました。ただ今回初めて女性に曲を書かせていただいたので、女の子が歌って違和感ないようにするのは大変でしたね。

たとえば、サビの<今 君に会いたい>の部分は男性の声帯ではどうしても歌い辛いメロディなんですけど、出来上がったものを聴いたら女性が歌って大正解だなって思えて。本当に嬉しかったですね。自分が歌うよりも人に歌ってもらった方が良いものになるのが楽曲提供の醍醐味ですから。

たぴみる:歌ってみてびっくりするくらい体にスンッと馴染んで。力も入らず、素って感じです。わたし、自分で詞を書くと比喩表現が苦手で自分の感情をバーッと書いちゃうんです。情景描写も苦手で。ヒロキさんはそれを形にしてくださったので、これが言いたかった! プロってすごい! ってなりました。

――ヒロキさんに送ったそのストーリーって、どういうものだったのでしょうか?

たぴみる:簡単に言えば、子供の頃や若い頃は将来が希望に満ち溢れててキラキラしてたはずだったのに、気付いたらそういえばああいうの見れなくなったなあって落ち込む瞬間みたいな。子供の頃に大学生がものすごくお姉さんとかお兄さんに見えてたけど、実際自分がそうなってみたらそんなことはないなとか。大人になったらいろいろ流せるようになってしまったなとか。そういうことをストーリーにしたんです。

ヒロキ:たぶん、根本にある人生についての考え方みたいなところでシンパシーを感じるんですよね。僕も基本的に「こんなはずじゃなかった」と思って生きてるので。大人になったらもっと輝いてたはずなのになっていう。だから、書いてる途中でたぴみるちゃんのこと書いてるのか自分のこと書いてるのか分からなくなったりして。

――自分のことのようにすんなり書けました?

ヒロキ:最初の<もしもし。そっちの調子はどう?>から始めるっていう、昔の自分と対話する設定が頭に浮かんだら、あとは自然と出てきました。それをプリプロの段階でたぴみるちゃんに修正してもらって。

たぴみる:わたしは頑固なので、人によっては自分が良いと思ったものを修正されたりするのが嫌な方もいるんじゃないかと思って、いろんな案を持っていったんですね。そしたら、それいいね! それいいね! って全部OK出してくださって。逆にこんなにいいんですか? って。

ヒロキ:どの案も素晴らしかったんです。めちゃくちゃアーティスティックでした。シンガーの人って詞とか考えないんだろうなって勝手なイメージがあったんですけど、たぴみるちゃんはソングライター的なこだわりがあって感心しました。

たぴみる:良くも悪くもこだわりが強い方で。粘って悩んで書いたりしてたら、いろいろ湧いてきて「こうしたい、ああしたい」が出てきちゃうんです。たとえば、一番最初の<もしもし。>から始まる部分以外にもカギ括弧を付けても良さそうなところがあるんですけど、<もしもし。>だけにピントを当てたいからそこだけカギ括弧を付けたり、AメロとBメロで似たテイストの言葉を使ったり、1番で歌っていたことを2番で歌って伏線を回収したり、最後のところで種明かしとして<僕>と書いて”キミ”と読ませたり。

ヒロキ:僕もまったく一緒で、普段のソロ活動の時も括弧の有り無しみたいな歌詞カードを読まないと分からないようなところまでこだわります。あとすごいなと思ったのが、2番のAメロの<カンタンに言ってくれるよね 君にはまだ分からないんだろ>ってところ。

たぴみる:あはは!

ヒロキ:これたぴみるちゃんが考えたんですけど、修正前の僕の歌詞だと「適当なこと言わないでよ 君にはまだ分からないでしょ」だったんです。なので、よりエッジの効いた表現にたぴみるちゃんが修正したんですね。

たぴみる:自分に問いかけるならそんなに優しい口調である必要はないかなと。もっとトゲが欲しいと思って、ガツンといっちゃいました(笑)。

ヒロキ:<カンタンに言ってくれるよね>って男の自分だけでは思い付かないですよ。絶対に一人では出てこない表現でした。

――男性目線で描いた女性の柔らかい言葉が、実際の女性によってリアルな表現に修正されたんですね。

ヒロキ:まさにそうです。

たぴみる:男性の想像する女子会と、本当の女子会は全然違うんだっていうことですよね。

一同:(笑)

ヒロキ:この部分は共作して本当に良い結果が出たところじゃないかな。女の子が歌うので優しく優しくと思って表現をいろいろと考えていたんですけど、実際現場でたぴみるちゃんがキツめに修正していくんです。

たぴみる:あはは!

      

「たぴみる×ヒロキ(リリィ、さよなら。)対談 “苦悩と葛藤”から生まれた「ロンリーコール」制作秘話」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版