>  > RAMPAGE、16人体制の強み

シングル『100degrees』インタビュー

THE RAMPAGEが語る、16人体制パフォーマンスの強み「いろんな掛け算が僕らの中だけでできる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年1月にシングル『Lightning』でメジャーデビューした、EXILE TRIBEのニューカマー、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下THE RAMPAGE)。以降コンスタントなリリースを続けており、ヒップホップをベースにしながら日本人の耳になじむ彼ら独特のサウンド&スタイルが世間にも浸透しつつある。3人のボーカル+13人のパフォーマーのステージはまさに“暴れまわる”というグループ名を体現するような勢いを感じさせるが、それを支えているのが約3年間の“武者修業”期間で切磋琢磨しあった関係性だ。

 初の単独ツアー『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”』(12月1日~2月4日)開催&同ツアーのキックオフシングルとなる『100degrees』(11月8日発売)のリリースにあたり、パフォーマーからLIKIYA、陣(ともにリーダー)、ボーカルのRIKU、川村壱馬、吉野北人という5人にインタビューを行い、さまざまな角度から16人の魅力を探ってみた。(古知屋ジュン)【※インタビュー最後にフォトギャラリーあり】

「100degrees」楽曲・パフォーマンスにおける魅力

川村壱馬

――前作の「Dirty Disco」はダンサブルでファンも参加できるような振りがあったりしましたが、新曲「100degrees」(“100度”の意味)は1stの「Lightning」や2ndの「FRONTIERS​」ともテイストが違って、重く畳み掛けるようなサウンドですよね。ボーカルの3人にまず聞きたいんですが、最初に曲を聴いたときのイメージは?

川村壱馬(以下、川村):大げさにいうと原点回帰感みたいなものがありましたね。1st、2ndは力強い楽曲で、3rdの「Dirty Disco」は夏のリリースということもあって、カップリングも含めてキャッチーな方向性の曲が詰まっていたんですけれども。この「100degrees」には、しっかりと僕らのベースであるヒップホップ色……力強かったり男臭い感じだとか、自分たちのやりたい方向性を提示できるような楽曲になったなと感じてます。最初に聴いた瞬間から「うわ、きた!」って感じでしたね。

RIKU:そう、16人全員で初めてデモ音源を聴かせてもらったときに、イントロからみんなで「イェーーーー!」って盛り上がったんです。タイトルも「100degrees」ということで僕らの沸点の100度、もしくはそれ以上のパッションを注ぎ込めるような、まさしくTHE RAMPAGEど真ん中な楽曲だったので。それを歌の部分でも表現できるように、と気合いが入ったのを覚えていますね。

吉野北人(以下、吉野):イントロからスリリングだし、迫力があって。最初の段階では英語詞のデモを聴いていたので、その時点では自分が歌うイメージがあまり湧いてなかったんですよ。

――楽曲は最初に英語詞の付いたものが上がってきて、あとからTHE RAMPAGEに宛て書きされた日本語詞が乗っかる感じなんですか?

吉野:いつもそうですね。この曲を作詞していただいたJAY’EDさんが仮歌を歌ってるデモをいただいた段階でかなりはっきりとイメージが湧いてきて。リリックが凄く熱い感じで、かつTHE RAMPAGEっぽい、という印象でした。

――この曲はBPM的には遅めですけど、ダンスパフォーマンス面にはどう影響してくるんですか?

LIKIYA

LIKIYA:BPMが遅めの曲だとダンスもけっこうズシッと重たい感じになるんですけど、逆にそれが、この曲に込められたパッションを表現するのにいいのかなという風に感じてて。速い曲は速い曲で、観ていて勢いや迫力があっていいんですけど、それ以上のものを伝えるとなるとこういうBPMのほうが、楽曲の意味合いとしてはハマるのかな。今回は自分が振付していて、テクニカル的に技っていう技はあまり使ってないんですけど……シンプルに、ストレートに、自分たちの情熱が伝わるようなイメージで考えましたね。僕らの持っている100%の熱量、全力感を体を使って表現していくような感じで。

陣:順位を付けるべきものではないと思うんですけど、僕は今まで踊ってきた中でこの楽曲の振りが一番好きなんですよ。さすがLIKIYAさんだな! と。

LIKIYA:フフフ(照笑)。

陣:振りを落としてもらったときに素直にそれを感じたんです。たぶんそう感じたのは、今までの楽曲の中で一番THE RAMPAGE感があるからなんですよね。“僕らっぽい”じゃなくて、“僕らそのもの”なんですよ。楽曲自体の持つパワーもそうですし、歌やフロウもそうですし、そのど真ん中にバスンと振りがハマった感じで、一番しっくりきてます。実際に踊っていても僕らの100%、100度を出せるような構成になっているので、お客さんの前でパフォーマンスするのが楽しみなんですよね。

――MVでも披露されているダンスですが、今回の振付のジャンルや方向性的にはどういうものを意識したんですか?

LIKIYA:わかりやすくいうと、EXILEさんの「24karats」をTHE RAMPAGEバージョンにしたような感じですね。というのが、自分もEXILEさんを見ていて「24karats」のスタイルがすごく憧れで、ああいったものを僕らでもやりたい! っていう思いがあって。シンプルに迫力があって、僕らの情熱が伝わるようなものを作りたいなっていう思いを、この「100degrees」のダンスで表現できてると思います。

――ストリート感の強さというか泥臭さには確かに通じるものがありますよね。MVの一部を見せていただいたんですが、近未来のスラムっぽい雰囲気もあって、ちょっと『HiGH&LOW THE MOVIE』(以下ハイロー)的な世界観でしたね。

川村:実はこのMV、ハイローのロケもしている北九州市で撮影したんです。

LIKIYA:場所もほぼ一緒ですね。ただ、映画には特に絡んでないんですけど(笑)。

陣:今回のMVはモノクロで仕上げているので、これまでのMVとは結構雰囲気が違ってより映画っぽい感じかもしれないです。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / 「100degrees」 (Music Video)

「THE RAMPAGEが語る、16人体制パフォーマンスの強み「いろんな掛け算が僕らの中だけでできる」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版