>  >  > 三宅健、V6を一度断っていた?

三宅健、V6への加入を断った過去を明かす 「剛がいないんだったらデビューしたくない」

関連タグ
V6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の8月9日放送分には、V6の三宅健と坂本昌行が出演し、それぞれの入所のきっかけやV6結成にまつわるエピソードを語った。

 それぞれ対照的な経緯でジャニーズに入所したという坂本と三宅。三宅は履歴書を送った数日後にジャニー喜多川社長からSMAPのライブに誘われ、そのままジャニーズ入りを果たしたことを告白し、さらに最初はダンスレッスンも免除されていたことを説明。すると長瀬智也は「これ初のパターンですね」と述べ、城島茂も「これって異例中の異例じゃない?」と、三宅のエリート待遇に驚きを示した。一方、入所の理由を問われた坂本は、「高校をやめるって親に言うための理由付け」と語り、MEN’S NON-NOのオーディションも受けていたことを明かす。そんな坂本に対し三宅は、「Jr.時代もやさぐれてたって話です」とコメントした。

 また、坂本がジャニー喜多川からTOKIOへの参加を打診されたという話をすると、城島も同時期にジャニー喜多川に坂本の加入について意見を求められたことを明かす。ジャニー喜多川から「坂本、歌うまいから聞いてもらっていい?」と問われた坂本だが、翌日にTOKIOのデビュー記者会見があったため、「歌はうまいけど、明日だよ? 記者会見。間に合うの? 間に合わないよね」と意見したことを説明。その話を受けて山口達也は、「リーダーが坂本を切ったようなもんだ」と突っ込みを入れた。

      

「三宅健、V6への加入を断った過去を明かす 「剛がいないんだったらデビューしたくない」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版