>  >  > ポルノグラフィティ、SLSレポ

『SWEET LOVE SHOWER 2017』ライブレポート

ポルノグラフィティが見せた“挑み続ける姿” 初出演のフェスの舞台でヒットソング連発!

関連タグ
ポルノグラフィティ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベント『SWEET LOVE SHOWER 2017』が、今年は8月25~27日の3日間にわたって山梨・山中湖交流プラザ きららで開催中だ。リアルサウンドでは、同イベントのライブレポートを掲載。本稿では、『SWEET LOVE SHOWER』初出演となるポルノグラフィティのライブの模様をお届けする。


 この夏は特に各地のフェスに精力的に出演しているポルノグラフィティが、この『SWEET LOVE SHOWER』にもやってきた。今年初出演のポルノだが、オーディエンスの期待値は高い。なんと、この日のセットリストに含まれていなかった曲をバックバンドのみで演奏したサウンドチェックから大合唱が起こったのだ。しかもほとんどの人がサビ以外の部分も歌えていたのがすごい。

 そして本編へ。真っ赤な上着を風になびかせながら岡野昭仁(Vo)が「わしらがポルノグラフィティじゃー!」と堂々宣言。「今宵、月が見えずとも」から始めた前半戦では、王道のロックサウンドを軸にしつつ、その中に、例えばデジポップやラテンなど、様々な要素を取り入れている彼らの柔軟性を存分に堪能することができた。その先陣を切っていくのが、楔を打つようなカッティングからメロウなギターソロまで、その瞬間ごとに異なる表情を見せる新藤晴一(Gt)のギターであり、嵐のようなバンドサウンドをグッと引き締めるのが、岡野の情熱的なボーカルなのだ。闘うようにステージに臨む二人のギラついた目がスクリーンに映されたところで、「ホンマにこれだけたくさんの人がいっせいに楽しんでるのを見ると、こっちも負けてられないって気持ちになるね。それに負けんようにするにはそれ相応の覚悟で挑まないとダメだね、岡野くん?」と投げかける新藤。気合い漲る彼の発言に岡野、若干驚きながらも「そうだね」と頷いたのだった。

新藤晴一(Gt)

 「錚々たるメンバーの中に出してもらってるってことは、みんなをひとつにして楽しませることが使命だって思っとるけん」という岡野の謙虚な一言を機に、後半戦はヒットソングを惜しみなく披露。「ミュージック・アワー」では、誰よりもキレの良い動きで岡野自らオーディエンスに振り付けを指導。「ジャンプジャンプ!」「こんなんです。覚えた?」「よっ!」と歌の合間にも煽りまくる彼のテンションに押され、オーディエンスも大いに歌い踊る。そうして最終的には「ハネウマライダー」にてフライングでタオルを回し、岡野に「サビだけでええ、回すのは!」とツッコまれるほどの熱狂ぶりを見せた。そして1999年リリースのデビュー曲「アポロ」で終了。挑むことをやめないミュージシャンシップと、人懐っこいキャラクター。短いセットながら、彼らの音楽が多くの人に慕われる理由が垣間見えたステージだった。

(文=蜂須賀ちなみ/撮影=古溪一道)

■セットリスト
ポルノグラフィティ
『SWEET LOVE SHOWER 2017』
2017年8月26(土)山梨・山中湖交流プラザ きらら

1. 今宵、月が見えずとも
2. THE DAY
3. オー!リバル
4. ミュージック・アワー
5. ハネウマライダー
6. アポロ

『SWEET LOVE SHOWER 2017』ライブレポート特集

8月25日(金)

BLUE ENCOUNTの“第二章”がはじまったーーオーディエンスと作り上げた一期一会のライブ
WANIMAの陽性メロディックパンクが晴れた空に鳴り渡る フェスの舞台で見せた“成長の証” 
マキシマム ザ ホルモンのライブには“熱い幸福感”がある 4年ぶりSWEET LOVE SHOWERレポ
THE ORAL CIGARETTESの快進撃は終わらない “思い出の地”での熱演を見た!
エレファントカシマシは“希望と夢”を追って生きていく 30年の歴史刻んだライブをレポート

8月26日(土)

10-FEETのライブはなぜロックファンに求められる? “対話”を生む壮絶なステージを目撃KICK THE CAN CREWは自らをアップデートし未来に進む 復活の狼煙上げた熱狂ライブをレポ

「ポルノグラフィティが見せた“挑み続ける姿” 初出演のフェスの舞台でヒットソング連発!」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版