>  >  > TUBE、恒例横スタ公演で見せたバンドの強度

TUBE、悪天候をも乗り越え見せたバンドの強度 29回目の横浜スタジアム公演レポ

関連タグ
TUBE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TUBEにとって通算29回目の横浜スタジアム公演となる『TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2017 sunny day』が8月19日、開催された。デビュー翌年の1986年から、実に32年連続で単独野外ライブを行い、計270万人以上を動員してきたTUBE。特に地元・横浜スタジアムでの公演は例年、大きな盛り上がりを見せるが、30回という節目を迎える2018年に向けて、記録以上に、ファンの記憶に強く刻まれるステージになった。

 雷雨も予想される曇天――それでも3万人の観客が詰めかけた横浜スタジアムに“TUBEコール”が鳴り響くなか、メンバーの登場は予想外のものだった。


 4人は何の気負いもなく、ふらりとステージに上り、前田亘輝(Vo)が「一度やってみたかった」というアコースティック編成でライブをスタート。春畑道哉(Gt)の美しいアルペジオでオーディエンスを一気に引き込んだ1曲目は、20年前、97年の夏にリリースされた名曲「Purity ~ピュアティ~」だ。前田の心を震わせるボーカルと、春畑の精確かつ情熱的なギター、その突き抜けた個性をどっしりと支え、相乗的にサウンドの魅力を高める角野秀行(Ba)&松本玲二(Dr)のリズム隊――シンプルな編成だからこそ、それぞれの声、音に自然と耳が行き、円熟したアンサンブルにあらためて唸らされる。

 「横浜スタジアムをビーチに変えたいと思います」という前田のMCとともに、松本がスマホから波の音を流し、ハワイアンアレンジで披露された「Beach Time」では、前田がベースを、角野がウクレレを担当してファンを湧かせた。出色だったのは、ライブでは久しぶりの披露となった「蛍」。前田は5月から7月まで続いたツアー中、天然のホタルを見たというエピソードを明かし、同曲を瑞々しく歌い上げた。

 アコースティックパートの最終曲は、“ご当地ソング”とも言える「湘南My Love」だ。4人がおそろいの青いギターを奏でると、<江ノ島が雨に泣いてる>のフレーズとともに、雨がポツポツと降り始める。野外ライブの王者は、悪天候さえ演出に変えてしまうのか――と、このあとに訪れるトラブルをまだ知らない筆者は、しみじみと名曲に耳を傾けていた。

 ここからステージは一気に加熱する。ダンサーを招き入れ、披露したのは今年6月、24年ぶりにリリースされたミニアルバム『sunny day』の収録曲「Shiny morning」だ。夢見ることを忘れず、諦めずに歩き続けた先に、輝ける未来が拓けていく――前田の包容力のある歌声と、バンドのキャリアが感じさせる、この前向きなメッセージの重み。そこから「もう負けないよ」、「僕達だけのSummer Days」とアップテンポなナンバーでスタジアムをさらに盛り上げていく。


 そして、続く「Miracle Game」がまさに大サビに差し掛かったとき、閃光とともに大きな雷鳴が轟いた。口々に「演出かと思った」と語り合う声が耳に入ったが、安全が第一。前田も「こんなことは初めて」と語り、一時中断のアナウンスが行われた。雷は近くで光り、そのたびに観客からどよめきが起こる。しかし、「一時避難」という緊急措置に対してパニックは起こらず、着席してアナウンスに耳を傾ける姿に、TUBEファンのモラルの高さを感じた。激しい雷雨が続き、ライブが再開されるかどうかはわからない。それでも大多数のファンはスタジアムに残り、年に一度の祭りが続くことを祈っていた。

      

「TUBE、悪天候をも乗り越え見せたバンドの強度 29回目の横浜スタジアム公演レポ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版