>  >  > X4の快進撃はまだまだ続く

『X4 LIVE TOUR 2017 -Xross Mate-』追加公演レポート

X4の快進撃はまだまだ続くーー『Xross Mate』ツアー追加公演に見た歌・ダンス・MCの進化

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 R&B、EDM、HIPHOP、バラード……どんな曲調でも歌いこなす歌唱力と、息の合ったダンスで人気急上昇中のダンスボーカルグループ・X4。2017年3月8日発売の2ndアルバム『Xross Mate』にも多彩な楽曲が収録されており、全く飽きが来ない。そんな『Xross Mate』を引っさげたツアー『X4 LIVE TOUR 2017 -Xross Mate-』の追加公演が、6月22日にZepp DiverCity TOKYOで行なわれた。

 アルバム1曲目の「Xross Mate」をSEにライブの幕が開けると、メンバーのシルエットがパッと映し出される。メンバーが姿を現すと、早速1曲目の「Rockin’ it」がスタートした。観客をこれでもかというくらい煽り、テンションをブチ上げると、すぐさま「Killing Me」へ。メンバーのセクシーなダンスに、黄色い声援が飛ぶ。本人たちも調子が上がり出したのか、YUYAとKODAIがハモリを入れる場面もあった。

 「皆さん、こんばんは! X4です」の挨拶後は、JUKIYA、SHOTA、T-MAX、KODAI、YUYAの順に自己紹介。「『Xross Mate』を発売させていただいて。そのアルバムの曲を聴いていただこうかなと」とKODAIが話を振り、「楽しんでいただけますか!」とJUKIYAが声をかけると、サビのハーモニーが美しい「Once More Dance」が始まり、「i want you back」と続く。「i want you back」のダンスは細かな振りが多用されているのだが、腕の角度までピッタリ。彼らのスキルの高さが見える曲だ。曲の終盤に盛り込まれたYUYAとKODAIのスキャットも、X4の歌唱力を証明するかのようである。

 場面は切り替わり、街の雑踏の映像と共にSEが流れて「I don’t know」が始まる。5人のハーモニーが印象的な曲で、かなり複雑な響きの和音もあるが、ブレることなくハーモニーが奏でられているのを聴き、思わず息を呑んでしまう。ここから「サヨナラ愛してた」「最後の言葉」と、X4の歌をじっくり堪能できるバラード曲が続く。そこからSHOTAの歌声が堪能できる「Fly in」へ。「Fly in」は、このツアーからKODAI、SHOTA、JUKIYAの3人でパフォーマンスをしている。JUKIYAのラップも良いスパイスとなっており、3人とは思えないほどパワフルなパフォーマンスであった。

 曲が終わると、「3人でやれて幸せ(JUKIYA)」「たくさんの人の前で歌えて嬉しい(SHOTA)」「3人で歌うことを受け入れてくれる温かさが有り難い(KODAI)」と、それぞれが想いを語るが、すぐにKODAI節が炸裂してしまうのが実にX4らしい。「僕ら3人はプライベートも仲良い」と自己申告するも、SHOTAは「仲良くない」と一蹴。会場が爆笑に包まれたところで、衣装チェンジをしたYUYAとT-MAXが登場し、「Baby it’s love」を披露。2人のハーモニーが抜群にキレイで、強い絆を感じる。会場をしっとりさせたところで、KODAI、SHOTA、JUKIYAの3人も再び登場し、後半戦へ突入する。

      

「X4の快進撃はまだまだ続くーー『Xross Mate』ツアー追加公演に見た歌・ダンス・MCの進化」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版