>  > LOVE PSYCHEDELICOが、今音楽で伝えたいこと

『LOVE YOUR LOVE』発売記念:KUMIソロインタビュー

LOVE PSYCHEDELICO KUMIが今音楽で伝えたいこと「“LOVE”の本質がリアルになってきた」

関連タグ
LOVE PSYCHEDELICO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分たちの核を再確認できたことで演奏の自由度が広がった」

ーーアルバムのリリース後は夏フェス、そして秋からは全国ツアーがスタート。

KUMI:新しい曲を演奏できるのはすごく楽しみだね。バンドのメンバーも新しくなるし、当然、アンサンブルも変わってくるだろうから。

ーー2004年以降、バンドメンバー(堀江博久/Key、高桑圭/Ba、白根賢一/Dr、権藤智彦/Programming etc.)は固定されてましたよね。

KUMI:そう、10年以上ずっと同じメンバーでやってきたんだけど、また新しい仲間と音を鳴らしていこうと。これまでは楽曲の再現性を重視して同期に頼ることも多かったんだけど、もっとオーガニックなサウンドで表現したいなと。

ーー自然な変化だったということですか?

KUMI:そうだね。「メンバーを変えて、新しくしましょう」ということではないので。きっかけはベストアルバムのツアーにドラムで高橋幸宏さんが参加してくれたことで、「決まったメンバー以外のミュージシャンと一緒にやることで新しい可能性や発見が生まれるんだな」と。私たちはこれまで、どんなライブでもずっと一緒にやってきたメンバーと共にステージに立つということを大切にしてきたんだけど、幸宏さんと一緒にやったことで「いろんなミュージシャンとやってみるのもいいね」という発想になれたんだよね。10年以上同じメンバーとやったことで、バンドは完成形に近づいていたと思う。彼らと演奏するのは本当に楽しいし、これからも関係は続いていくけど、新しいことをやってみようとしていろいろな出会いがあって、一昨年のアジアツアーではT-SQUAREの坂東慧くんに叩いてもらったり。秋からのツアーも彼とできたらいいなと思ってるんだけどね。

ーー坂東さんはドリカムのツアーにも参加してましたよね。

KUMI:そうだね。知り合いに誘われてT-SQUAREのライブを観に行ったら、ドラムがすごく良くて。ちょうどその頃、アジアツアーのメンバーを探してたから「一緒にやりませんか」って声をかけさせたもらったら、「喜んで」と言ってくれて。T-SQUAREに憧れてドラムをはじめて、本当にバンドに入っちゃったという確かなテクニックを持っている人で、素晴らしいスピリットを持っている。

ーージャズ・フュージョンを軸にして、幅広いビートにも対応できるドラマーですよね。なるほど、彼がドラムなら同期のトラックは必要ないですね。

KUMI:それから、「TWO OF US」というNAOKIと私の2人だけのアコースティックライブを始めたことも、意識が変わるきっかけだったんだよね。2人で演奏するためにアレンジして、ライブ中の互いの呼吸を改めて意識したりして。そこで自分たちの核を再確認できたことで演奏の自由度が広がったと思えたし、変化することを楽しめるようになったんじゃないかな。

ーーなるほど。

KUMI:ずっと一緒にやってきたメンバーはみんな素晴らしいミュージシャンで、多々依存していた部分もあったと思うんだよね。NAOKIと私がちょっとくらい曖昧でも、みんなとやれば何とかなるというか。アコースティックライブをやったことで、その意識も変わったんじゃないかな。サウンドや楽曲の大事なポイントを掴めたことで、自由度が増したから。

ーーLOVE PSYCHDELICOの活動がスタートして約20年になりますが、KUMIさんにとって人生における音楽の存在も変わってきていますか?

KUMI:以前はもっと混沌としてたかも。「仕事って何だろう?」「社会人ってどういうことだろう?」みたいなことから曖昧だったから。いまはもっとシンプルに「私の人生に音楽があって、それをやらせてもらっている。幸せだなあ」と素直に思ってる。あとは「それがときどき仕事になる」っていうくらいかな。

ーー周囲のペースに巻き込まれず、丁寧に音楽を作って、それをしっかり届けて。リリースのペースを含めて活動のスタイルが確立できているし、いまのLOVE PSYCHDELICOの在り方は理想的ですよね。

KUMI:「やらせてもらえている」という気持ちですね、そこは。誠実に音楽と向き合って、それが仕事として成り立っているのはすごくありがたいことだなって。それができなくなったり、やる意味を見つけられなくなったら他のことをやるんだろうしすごく幸せですね。

(取材・文=森朋之/撮影=林直幸)

LOVE PSYCHEDELICO『LOVE YOUR LOVE』

■リリース情報
LOVE PSYCHEDELICO『LOVE YOUR LOVE』
2017年7月5日(水)発売
初回限定盤(2CD)¥3,500+tax
通常盤(CD)¥3,000+tax

<収録楽曲>
・DISC -1-
1. Might Fall In Love
2. Feel My Desire
3. Birdie
4. This Moment
5. 1 2 3
6. Good Times, Bad Times
7. You’ll Find Out
8. Rain Parade
9. Beautiful Lie
10. C’mon, It’s My Life(Album Mix)
11. Love Is All Around
12. Place Of Love
13. No Wonder

・DISC -2- ※初回限定盤のみ付属
1. 1 2 3(Demo Acoustic Version)
2. Love Is All Around(Demo Acoustic Version)
3. Birdie(Demo Acoustic Version)
4. Place Of Love(Demo Acoustic Version)

配信:iTunes Storeほか主要配信サイトで同日ダウンロード配信開始。dヒッツほかラジオ型定額制聴き放題サービスでも楽曲配信開始。

■イベント情報
「LOVE PSYCHEDELICO SPECIAL TALK EVENT(TOWER RECORDS ver)」
2017年8月19日(土)時間未定(都内某所)

「LOVE PSYCHEDELICO SPECIAL TALK EVENT(TSUTAYA RECORDS ver)」
2017年8月20日(日)時間未定(都内某所)

<参加方法>
・LOVE PSYCHEDELICO SPECIAL TALK EVENT(TOWER RECORDS ver)
タワーレコード全国各店/タワーレコードオンラインにて対象商品を購入で、先着で専用応募ハガキを配布。応募者の中から抽選で50組・100名を招待。イベントとは別に、“LOVE PSYCHEDELICOオリジナルミニバッグ”が抽選で当たるプレゼントコースも選択可。応募詳細については、専用応募ハガキにて確認。

・LOVE PSYCHEDELICO SPECIAL TALK EVENT(TSUTAYA RECORDS ver)
TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピングにて対象商品を購入で、先着で専用応募ハガキを配布。応募者の中から抽選で50組・100名を招待。イベントとは別に、“LOVE PSYCHEDELICOオリジナルミニバッグ”が抽選で当たるプレゼントコースも選択可。応募詳細については、専用応募ハガキにて確認。

<対象店>TSUTAYA RECORDS全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみ対象。

■ツアー情報
『LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』
9月1日(金)LiveHouse 浜松窓枠
9月9日(土)仙台Rensa
9月10日(日)Zepp DiverCity (TOKYO)
9月24日(日)Zepp Namba
10月1日(日)札幌PENNY LANE 24
10月6日(金)高松オリーブホール
10月13日(金)Zepp Nagoya
10月14日(土)広島CLUB QUATTRO
10月27日(金)新潟LOTS
11月10日(金)福岡DRUM LOGOS
11月17日(金)金沢EIGHT HALL
11月24日(金)中野サンプラザ

■イベント情報
『Reborn-Art Festival 2017 x ap bank fes』
7月29日(土)国営みちのく杜の湖畔公園(宮城県柴田郡川崎町大字川内字向原254)

『FUJI ROCK FESTIVAL’17』
7月30日(日)湯沢町苗場スキー場

『オハラ☆ブレイク ’17夏』※Premium Acoustic Set
8月5日(土)猪苗代湖畔 天神浜

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』
8月6日(日)国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)

LOVE PSYCHEDELICO SPECIAL SITE

「LOVE PSYCHEDELICO KUMIが今音楽で伝えたいこと「“LOVE”の本質がリアルになってきた」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版