>  >  > 乃木坂3期生に感じた“いくつかの可能性”

乃木坂46 3期生に感じる“可能性” 単独公演がもたらした大きな意味とは

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46の3期生が渋谷・AiiA 2.5 Theater Tokyoで5月9日~14日にかけて行なった乃木坂46の『三期生単独ライブ』は、選抜ともアンダーとも違った12人の立ち位置を改めて異端たらしめるものとなった。

 筆者は以前、オーディションと『お見立て会』を見たうえで、この12人について「“新たな坂の上り方”を示す」のではないかと書いた(参考:乃木坂46の3期生は“新たな坂の上り方”を示す 『お見立て会』に感じたこと)。当時はその予感を裏付ける具体的な物事があったわけではないが、『三期生単独ライブ』はそれを確信するには十分すぎるものとなった。今回は11日と千秋楽である14日を見たうえで感じた、いくつかの可能性について述べたい。

 先日東京体育館公演を終えたアンダーメンバーは、自分たちのオリジナル曲をメインとし、選抜曲をあくまでイレギュラーの存在としながらセットリストに独自性を打ち出していた。3期生としてオリジナル曲が2つしかない彼女たちは、先輩たちの楽曲をただのコピーに見えないよう、自分たちらしく演じることが求められる。この公演では本編だけで21曲が披露されたが、特に目を引いたのは「せっかちなかたつむり」や「他の星から」「あらかじめ語られるロマンス」「偶然を言い訳にして」といったユニット曲を3期生バージョンとしてパフォーマンスしたことだ。

 これらの楽曲は「どうマネしても、同じことはできないから」(大薗桃子)といったメンバーによる決意表明のVTRとともに披露され、どれもがオリジナルとは違う、フレッシュな印象を与えてくれた。個人的なハイライトは「せっかちなかたつむり」。キュートさと艶っぽさを併せ持つ与田祐希による、オリジナルメンバー・西野七瀬の持つ影のある声を継承したボーカルが印象的だった。

 また、同公演の肝というべき演出は「ダンスパート」と「歌パート」の存在だろう。ダンストラックに合わせ、ただ複雑なものではなく“止めてまた動く”ことに重きを置いた振り付けで、強弱のある表現に挑戦したり、直後にグループ最難易度といわれるダンスの「インフルエンサー」を持ってくる攻めの姿勢に驚かされるばかり。中盤の歌パートでは、ギターとパーカッションと鍵盤をバックに「悲しみの忘れ方」「何度目の青空か?」「きっかけ」「君の名は希望」を披露。グループ随一の歌唱力を持つ久保史織里は、「何度目の青空か?」でのソロ歌唱をはじめ、このパートで圧倒的な存在感を見せつけた。

 ダンスパートでも歌パートでも、一つの事柄にフォーカスすると、個々の優劣はどうしても目立ってしまう。演出によっては、それを誤魔化すことだってできたはずだが、現状をありのままに見せてくれた。「観客を楽しませながらメンバーを育てる」という演出の意図だったのかは不明だが、この公演・パートは今後の彼女たちにとって大きな意味を持つだろう。

      

「乃木坂46 3期生に感じる“可能性” 単独公演がもたらした大きな意味とは」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版