>  >  > 乃木坂、『あさひなぐ』薙刀初稽古詳細レポート

乃木坂46、舞台版『あさひなぐ』薙刀初稽古詳細レポート メンバーからのコメントも

関連タグ
乃木坂46
JPOP
あさひなぐ
アイドル
映画
演劇
舞台
西廣智一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが出演する舞台『あさひなぐ』が5月20日から開幕。この舞台のテーマとなる薙刀(なぎなた)の初稽古が3月29日、都内で行われた。

 『あさひなぐ』は『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載中の、こざき亜衣による人気“薙刀”コミックが原作。“美の武道”と言われる薙刀に青春のすべてをかけた少女たちの、成長していく姿を追ったストーリーとなっている。

 この舞台化は2月21日、さいたまスーパーアリーナで開催された乃木坂46のデビュー5周年ライブ『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』にて、同作品の映画化とともにサプライズ発表されたもの。舞台版、映画版それぞれに乃木坂46のメンバーが出演し、キャストは各バージョンとも異なる。舞台版では齋藤飛鳥、映画版では西野七瀬が主演を務め、舞台版にはこのほか井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子が出演。さらに元宝塚のトップスターである真琴つばさをはじめ、石井一彰、則松亜海らと共演する。映画版に関しては今のところ西野以外の出演者は未発表だが、乃木坂46を含むキャスト陣が追ってアナウンスされる予定だ。

20170405-asahinagu4.JPG

 今回の薙刀稽古に参加したのは、乃木坂46から齋藤、井上、新内、堀、衛藤、北野と、福留やす子(ふくとめ やすこ)役の則松亜海などの共演者たちを含む11名。稽古着を着用した彼女たちは、初めて手にする“なぎなた”に動揺しつつも、先生の指示により持ち方や構え方、振り方をじっくり教わっていく。また、実際の試合でも用いられる送り足、歩み足、継ぎ足などの体捌きから、中段の構えや八相の構えなどの構えまで、薙刀の基礎をレクチャーされていくのだが、乃木坂46の面々は最初こそ戸惑いの表情を浮かべる。しかし、彼女たちは休憩中も熱心に自主練習を繰り返し、稽古終盤では打ち返しがしっかり形になるまでの成長を見せた。

 稽古の合間には、乃木坂46の面々が薙刀やこの舞台に対する思いをコメントしてくれた。

20170405-asahinagu3.JPG

<齋藤飛鳥>

初回だからというのもあるんですけど、まだ不安が募るというか。ダンスと同じように、腕は伸ばすけど足は曲げるみたいに、一度に違う動きをたくさんしなくちゃいけないので、体が徐々に慣れていくか難しいなと思いました。うまくできるかは……自信はないんですけど、だんだんと慣れてきたらコツがつかめてくるのかなと。でも今は“なぎなた”が重くて、振るので精一杯。先生にいろいろ教えてもらいましたけど、中でもスネが難しかったです。膝を曲げてグッと前のめりになるんですけど、まだ私には勢いが足りていなくて。体がなぎなたに振り回されている感じというか、まだ自分が“なぎなた”を振っている感じがしないので、早くこれにも慣れていきたいですね。

<井上小百合>

スポーツって普通は力を入れて体を動かすものなんですけど、薙刀ではとにかく力を抜いてと言われて。普段ダンスでも力を入れる動作しかやってきていなかったので、それがすごく難しいんです。あと、普通に薙刀をやるだけじゃなくて、原作どおりのキャラクターを演じなくてはいけないということも、すごく大変で。私の演じる八十村将子ちゃんはもともと剣道の経験があって、剣道の癖が出ちゃうという役。なのに私は剣道の経験もないので、もうどうしようかと(苦笑)。でも、今日教わっている薙刀の先生は原作の将子ちゃんと同じで、剣道経験者で薙刀を始めたそうなので、先生の動きを見ておくといろいろ学べるかも。とにかく頑張ります。

<新内眞衣>

薙刀をはじめとした武道自体が初めての経験で。やっぱり基礎が大事だと思うので、しっかり叩き込んでから舞台に立ちたいなと思っています。でも今は、先生たちの型と私たちの型が違いすぎて不安なんですけども(笑)、でもいっぱい練習すればそのぶんだけちゃんとできるようになるのかなと思うので、頑張って練習していきたいと思います。

<堀未央奈>

初めて“なぎなた”を手にしたんですけど、意外と細かいところにまで注意しないといけないし、力の加減もかなり難しくて。舞台は本当に薙刀メインのお話になっているので、自分の役を理解しながらちゃんと薙刀を習得して、舞台のお稽古に臨みたいなと思います。

<衛藤美彩>

今回初めての稽古ですが、ちゃんとこうやって稽古着を着るとより背筋が伸びますね。まだまだ初心者ですけど、うまくなれそうな気持ちがします(笑)。スポーツ自体は本当に好きなんですけど、こういう道着を着てやるスポーツは初めてなので、今日は先生や他のキャストの皆さんと一緒に一生懸命練習して、いいものを作りたいなという気持ちが強くなりました。不安もあるんですけど、初心者ではないようなぐらいまでうまくなりたいな。正直、なぎなたが家に欲しいなと思いましたし、今日お借りして持って帰りたいぐらいです(笑)。

<北野日奈子>

先生から前、後ろとかすり足と指示を出されても、言われたことを頭で理解するまでに時間がかかるので大変で。でもその言葉が染みつくぐらい、いろんな人に「前!」って言ってもらって慣れていきたいな(笑)。あと、考えるときに上を向く癖があるので、それが出ないように気をつけたいです。私はバスケ部出身なので、こういう和服っぽい道着で激しく汗をかく運動には慣れていないけど、カッコよく見せられるように頑張ります。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版