>  >  > 映画『SING/シング』注目の歌声

映画『SING/シング』注目すべきキャストは? MISIAや大橋卓弥に匹敵する3人のキーボイス

関連タグ
スキマスイッチ
MISIA
坂本真綾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20170317-mike.jpg

 

 そして、ネズミのマイク役の山寺宏一。これまでもドナルドダックをはじめ、ディズニーアニメ映画の声優を務めている。『美女と野獣』で野獣役、『アラジン』ではジーニー役で劇中のテーマソングを歌唱しており、聞けば誰もが幼い頃から馴染みある楽曲だと思い出すだろう。今作では、マイクが歌を披露し始めると、他のキャラクターたちがその歌声に聞き惚れ、声を失ってしまうほど、表情がいっぺんに変わってしまうシーンがある。のぶとく渋い、ソウルフルに響く山寺の歌声には、きっとスクリーンの前の観客もキャラクターたちの同じ表情をして驚くに違いない。

20170317-ash.jpg

 

 最後に注目したい出演者が、女優の長澤まさみ。近年、多くの女優や俳優の歌唱力が数々のドラマや映画をきっかけに評価されている。長澤も、2015年に放送されていた『若者たち2014』(フジテレビ系)で、リサ・ローブの「Stay」をアコースティックギターの弾き語りで披露し、話題になった人物のひとりだ。楽曲のテンポ感覚も正確に、難しい英詞の発音を繊細で透き通った声で歌いこなしていた。放送後にはアコースティック・バージョンの原曲が、iTunesのランキングで上位に急浮上、リサ・ローブ本人も「great cover」と自身の公式Twitterで評価している。実際に『SING/シング』で長澤は、カーリー・レイ・ジェプセンの「Call Me Maybe」を英詞、本作のオリジナル曲「セット・イット・オール・フリー」を日本語詞で披露する。どちらもポップなナンバーで、ハリのある声で歌い上げており、「Stay」の時とは違った長澤の力強い歌声に魅了されるだろう。

 キャラクターたちは、劇中で繰り広げられる歌のオーディションのシーン以外にも数回歌を披露する。ストーリーを楽しみつつも、彼らの歌声が聴ける数回というチャンスを逃さず、コンサート感覚で歌の楽しさにも十分に浸ってほしい。

(文=大和田茉椰)

■公開情報
『SING/シング』
3月17日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーほか
吹替版演出:三間雅文
日本語吹替版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
(c)Universal Studios.

公式サイト

      

「映画『SING/シング』注目すべきキャストは? MISIAや大橋卓弥に匹敵する3人のキーボイス」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版