>  >  > デュア・リパ、新ポップ・アイコンとなるか?

“レディ・ガガ以降”の新ポップアイコンとなるか? UK出身 デュア・リパの可能性

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽もファッションもポップ・カルチャーも、どんどんボーダレス化が進む昨今だが、まさに“多様性”を体現する若手女性アーティストがデビューすることが決まった。彼女の名はデュア・リパ。意志の強そうな太めの眉はどことなく人気モデルのジジ・ハイディッドやケンダル・ジェンナーを思わせるし、デュア自身、歌手を目指す前はモデルとして活躍していた経歴を持つ。デュアの両親は近年まで紛争が続いていたコソボ出身で、ロンドンで生まれたデュアは、両親とともにコソボへ移住する。その後、一人でロンドンに戻り、歌手活動を志すようになるのだが、どことなく大人びた彼女の表情の裏には、同い年の女の子以上の経験が隠れているのかもしれない。
 
 1995年生まれのデュア、自分もポップスターになりたいと思った最初のきっかけは、映画『ムーラン・ルージュ』の主題歌でもあった「Lady Marmalade」だそう。2001年に発表されたこの楽曲は、ラベルの歌った名曲をミッシー・エリオットがリメイクし、MVではマイア、ピンク、クリスティーナ・アギレラ、そしてリル・キムが豪華絢爛なランジェリー風の衣装をまとってそれぞれのヴァースを歌い上げる。セクシーで少し猥雑だけれど、どこかクラッシーな雰囲気が非常に魅力的で、筆者も何度となく見たMVだ。その後、デュアはネリー・ファータドやケイティ・ペリー、レディー・ガガといった、まさに現代のシーンを牽引していくポップ・ディーヴァたちにも影響を受けていき、自らが「ダークポップ」と表する多面的なポップ・センスを身につけていった。ちなみに「ダーク」と表する所以は、ヒップホップ・ミュージックにあるとのことで、デュアは自ら歌詞を手掛けるタイプのシンガーだが、ダークでナマナマしい描写は多くのヒップホップ楽曲にヒントを得たそう。UKの雑誌に向けたインタビューでは「コラボしてみたい相手はケンドリック・ラマー、今お気に入りのアルバムはチャンス・ザ・ラッパーの『Coloring Book』で、とくに『No Problem』が大好き」と答える一面も持つ。

デュア・リパ「Blow Your Mind (Mwah)」

 そのデュアの自由な感性は、まだ本格デビュー前にも関わらず、多くの人々をひきつけてやまない。例えば、LGBTのコミュニティからも厚く支持されているのもその魅力の一つ。昨年の8月にリリースされ、UKのダンスチャートで1位を記録したシングル「Blow Your Mind (Mwah)」のMVではレインボー・フラッグを高々と掲げており、『G-A-Y』や『Heaven』といった、ロンドンの有名ゲイ・バーでのパフォーマンスも好評価を博した。そして、自らYouTubeでゲイであることを公表した俳優でありシンガーのトロイ・シヴァンのツアーでもサポート・アクトを務めたことでも知られている。実際、彼女にはゲイの友人も多いらしく「ゲイ・カルチャーをサポートしているなら、(アーティストは)SNSなどでその声明をハッキリと打ち出すべき」という見解も持っており、こうしたボーダレスな価値観を支持する姿勢も、レディ・ガガ以降というか、まさに現代のポップ・アイコンらしいアティチュードだ。

デュア・リパ「Be The One」

デュア・リパ「Hotter Than Hell」

 2015年に発表され、すでにYouTube上では9800万回(!)の再生回数を誇る「Be The One」や、前述した「Blow Your Mind (Mwah)」、すでにUKではゴールド・ディスクに認定されている「Hotter Than Hell」など、ファッショナブルでエッジーなクオリティを誇るMV群もデュアの魅力を知る重要なツールの一つだ。90年代のテイストに夢中だというデュアは、普段、当時のドリュー・バリモアやクロエ・セヴィニーらをお手本にしているそうで、ファッション誌の撮影の延長のようなスタイリッシュなMVは、どれもうっとりしてしまうほどの出来。ちなみにデュアは最近ではショーン・ポールのシングル「No Lie」にフィーチャーされており、ダンスホール・サウンドともかなりの高相性っぷりを見せている。さまざまなエッセンスを取り入れて、目を見張るスピードで進化を続けるデュアだが、今年6月にはリリースされると噂されている彼女のデビュー・アルバムがどんなテイストに仕上がるかかなり楽しみだ。

 そして、彼女の動向が気になっているファンには朗報が。何とこの夏、『SUMMER SONIC 2017』への出演が決まっている。これまでに『SXSW』や『グラストンベリー』など、世界の名だたるフェスに出演してきた経験を持ち、現在発表されている北米&ヨーロッパ・ツアーでは、全21公演中12公演がソールドアウトになっているデュア・リパ。世界中が注目するポップ・ディーヴァである彼女が、どのように日本のステージを盛り上げてくれるのか、非常に楽しみだ。

■渡辺 志保
1984年広島市生まれ。おもにヒップホップやR&Bなどにまつわる文筆のほか、歌詞対訳、ラジオMCや司会業も行う。
ブログ「HIPHOPうんちくん」
Twitter 
blockFM「INSIDE OUT」※毎月第1、3月曜日出演 

170227-dualipa3.jpeg

 

■リリース情報
ファースト・デビュー・アルバム『Dua Lipa / デュア・リパ』
発売日:未定
価格:¥1,980(本体)+税

※日本盤ボーナス・トラック収録予定

「“レディ・ガガ以降”の新ポップアイコンとなるか? UK出身 デュア・リパの可能性」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版