>  >  > ジャニーズJr.が今アツい!

Mr.KING、Prince、SixTONES、Snow Man、Love-tune、Travis Japan…Jr.が今アツい!

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、ジャニーズJr.たちの活動が活発だ。2月18日からは『東SixTONES×西関西ジャニーズJr.SHOW 合戦』、3月24日からはJr.だけで行なわれるコンサート『ジャニーズJr.祭り』が開催され、その勢いは止まらない。「Jr.黄金期の再来」とも言われている昨今、特に人気のグループ6組の魅力を改めて考えてみたい。

つい応援したくなる要素が詰まった:Mr.KING

 このグループは、ファンの「応援したくなる欲」を掻き立てるのが実に上手い。メンバーの平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人の3人が真剣な表情でパフォーマンスをしている姿には思わずドキッとしてしまうことがある。しかし、一度口を開けばまだまだヤンチャな「男の子」たち。常識の斜め上を行く超ド天然の平野の発言や、思わず「かわいい」「守ってあげたい」と思ってしまう髙橋の甘えん坊ぶりで、てんやわんやだ。そして、暴走する2人をなんとかまとめようと奮闘する永瀬の姿も好感が持てる。パフォーマンス時とMC時のギャップ、3人の個性的なキャラなど、つい応援したくなる要素がたっぷり詰まったグループなのである。

個々のポテンシャルとバランスの良さが売り:Prince

 Mr.KINGと同時期に結成されたPrince。このグループの良さは、バランスである。通常ジャニーズグループには「センター」という、絶対的エースポジションがある。しかし、Princeの場合は誰がセンターになってもまとまったグループ感が出るのだ。岩橋玄樹は女性にも負けない可愛らしさでアイドル性を振りまきつつも、ドSっぷりや根性がある一面を見せつけてくる。神宮寺勇太はナルシスト&チャラいというイメージが定着しつつも、「自分の立ち位置を考えてチャラ男キャラを作った」と発言する頭の良さも見せる。最年長の岸優太は、愛すべきおバカキャラを武器にする一方、真っ直ぐな男らしさが魅力だ。誰がセンターポジションに立ってもおかしくないという個々のポテンシャルと、バランスの良さがPrinceの武器なのだろう。

異なる個性が集結し、一つのまとまりを生む:SixTONES

 2012年に放送された『私立バカレア高校』(日本テレビ系)に出演した髙地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎によって結成されたSixTONES。彼らの魅力は「オールマイティ感」だ。歌もダンスも申し分なく、体を使ったパフォーマンスも難なくこなす。さらに一人ひとりのキャラクターがバラバラなのも良い。髙地は素朴さと優しさ、京本は中性的かつキラキラ感、田中はチャラさの中にある熱さ、松村はやや影のあるセクシーさ、ジェシーはきれいなハーフ顔とスタイルの良さを活かした王子っぽさ、森本は身体能力の高さと男らしい骨太感と、バラバラな個性を持ち合わせている。しかし、6人が集まるとまとまりが出るから不思議だ。長年一緒に活動する彼らだからこそなせるものなのだろう。

器用さと身体能力の高さで屈指の人気を誇る:Snow Man

 ジャニーズJr.の中でも屈指の人気を誇るSnow Man。彼らの良さは、器用さと身体能力の高さだ。以前、『ガムシャラ!』(テレビ朝日系)内で、ジャニーズJr.たちが打楽器パフォーマンスであるファンカッションにチャレンジしたことがある。かなり難易度が高く、どのメンバーも苦戦しており、本番での成功率も決して高いとは言えないレベルだった。しかし、後の『JOHNNYS’ World』にてSnow Manが完璧にファンカッションをこなしていたのには驚いた。彼らの器用さと能力の高さを感じざるを得ない。そんなSnow Manはダンス、アクロバット、パフォーマンスと、どれを取っても申し分がない。もはやジャニーズの舞台にとって欠かせない存在となりつつあるグループである。

      

「Mr.KING、Prince、SixTONES、Snow Man、Love-tune、Travis Japan…Jr.が今アツい!」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版