>  >  > FUKI、デビュー1年目のワンマンライブレポ

FUKIがデビュー1年で作り上げた温かい空間 ワンマンライブをレポート

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FUKIが11月2日、ワンマンライブ『「LOVE DIARY」supported by MEETIA』を渋谷クラブクアトロで開催した。同公演は、FUKIのフルアルバム『LOVE DIARY』のリリースを記念して行われ、デビューから1年というFUKIにとって節目となる公演だった。

 オープニングアクトの佐藤嘉風が会場のムードを温めた後、FUKIが登場。さっそく「キミがスキ」「LOVE DIARY」といった定番ナンバーをアコースティックのバンドスタイルで披露した。続けて披露した「泣きたいんでしょ?」では、曲の途中でメンバー紹介を行い、それぞれの楽器のソロパフォーマンスで盛り上がりを見せる。バンドメンバーに囲まれたFUKIは、身体を揺らしながら、楽しそうにステージに立ち、観客もその光景と届く音楽に自然と笑顔が溢れていた。

20161102-fuki3.jpg

 

 モンゴル800のカバー曲「小さな恋のうた(cover)」では、FUKIがアコースティックのギターの音色に合わせて歌い出す。パーカッションで心地よくメロディが進むと、徐々に楽器の音色が加わり、明るい雰囲気に変化していくFUKI流のアレンジで披露された。バンドメンバーとしても参加している佐藤と制作した楽曲「星になるから」では、星をイメージした照明を見上げながら、しっとり歌い上げるFUKIの姿が印象的だった。途中、佐藤とのハモりパートでは、美しいハーモニーが会場に響き渡った。

 MCでFUKIは、「1年前はこんな景色が目の前にあることは想像できなかったです。いつも音楽を聴いてくれて本当にありがとうございます」と笑顔で感謝の思いを伝えた。続けて、FUKIはデビュー曲「キミじゃなきゃ」を決意を込めるようにストレートに歌い上げ、芯の通った歌声で会場の観客を魅了した。

      

「FUKIがデビュー1年で作り上げた温かい空間 ワンマンライブをレポート」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版