>  > ささきいさお、インストアイベント開催

ささきいさお、デビュー55周年記念作イベントで池袋に“降臨” 「声が出ることは本当に幸せなこと」

関連タグ
ささきいさお
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ささきいさおが5月25日、HMVエソラ池袋イベントスペースにて、同日リリースのデビュー55周年記念シングル『今の向こうの今を』の発売記念インストアイベントを開催した。

 ささきは、「アニメソング会の大王こと“ささきいさお”が池袋に降臨でございます」というアナウンスの後、ステージに登場。登場してまもなく、代表曲である「宇宙戦艦ヤマト」を、ささきの歌声の魅力である渋くて太い声で豪快に歌い上げた。

20160516-sasaki2.jpg

 

 「宇宙戦艦ヤマト」を歌い終えると、ささきは集まったファンにむけて「経ってしまうと55年っていうのは、あっという間でね。この歳で新曲が出せると思わなかった。これは皆様のおかげです」と感謝の思いを伝え、続けて「声が出るってことは本当に幸せなことだと今更ながら思っております。畑さんが一生懸命作ってくれて、すごい面白い曲ができた」と、畑亜貴が作詞、黒須克彦が作曲を務めた『今の向こうの今を』についてコメントした。

 また、3月に開催した『ささきいさお デビュー55周年記念スペシャルライブ・アンコール』について「(55周年記念ライブと)同じ内容でやろうと思って30何曲選んだら、4時間もかかってしまった」と振り返る場面も。そして「まだまだ4時間歌えるっていうのは、この歳ではなかなかいないと思うんだけど、北島さんと加山雄三さんくらいかな。そこに生き残れてこうやってやれるっていうのは幸せなことだと思います」と活動を続けられることへの喜びを語った。

20160526-sasaki.jpg

 

 ライブ中盤、ささきの「それではお馴染み鉄郎少年とメーテルが旅を続けます」という紹介から、代表曲「銀河鉄道 999」の歌唱へ。さらに「秘密戦隊ゴレンジャー」へ歌い繋ぐと、観客の掛け声も入り、会場は一層盛り上がりを見せた。歌い終えたささきは「今のちょっと先に自分がいるとすると、振り返った時に大体が良い思い出になってしまう。だから今を精一杯生きたほうがいいですよっていう歌なんですよ。苦労したって努力すれば、明るい自分がいますよという曲です」と新曲に込められたメッセージを改めて観客に伝えた。

 また、ささきは『今の向こうの今を』のカップリング曲「始まりは何度でも」については「よくコンサートでエルヴィスのナンバーを歌ったりするのを畑さんがとても気に入っていて。『じゃあ1つロックっぽいのをやりましょう』と作曲家と話し合って、ロックを作ってくれた」と制作の裏側を話し、同曲を熱唱。

 最後に、ポジティブなメッセージと楽曲による表題曲「今の向こうの今を」を披露し、この日のライブステージは終了した。

(取材=大和田茉椰)

■セットリスト
ささきいさお デビュー55周年記念シングル『今の向こうの今を』発売記念インストアイベント
5月25日(水)HMV エソラ池袋 イベントスペース

1.宇宙戦艦ヤマト
2.銀河鉄道 999
3.秘密戦隊ゴレンジャー
4.始まりは何度でも
5.今の向こうの今を

■リリース情報
デビュー55周年記念シングル『今の向こうの今を』
発売:5月25日
価格:¥1,200+税
作詞:畑亜貴 作曲:黒須克彦 編曲:黒須克彦/齋藤真也
C/W 始まりは何度でも作詞:畑亜貴 作曲:黒須克彦 編曲:黒須克彦/齋藤真也

ささきいさおオフィシャルサイト

「ささきいさお、デビュー55周年記念作イベントで池袋に“降臨” 「声が出ることは本当に幸せなこと」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版