>  >  > キンキ“ジェロマミリオン大作戦”とは?

KinKi Kids、“ジェロマミリオン大作戦”は熱意と使命感の表れ? ファンの思いは事務所に届くか

関連タグ
KinKi Kids
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1997年に『硝子の少年』でデビューしたKinKi Kids。来年にデビュー20周年を控えた今、ファンを中心に“ジェロマミリオン大作戦”という活動が拡がっている。

 これは、惜しくも残り7万枚でミリオンを逃している3rdシングル『ジェットコースター・ロマンス』(略して“ジェロマ”)を18年越しのミリオンに導き、KinKi Kidsのデビュー20周年に華を添えようという購買活動のこと。Twitterのハッシュタグ「#ジェロマミリオン大作戦」の拡散により早くも効果を表しており、2月9日付のオリコンシングルチャートではデイリー18位にランクインした。

realsound-kinkikidsth_.jpg

(C)タナカケンイチ

 昔の曲が再ヒットすることはJ-POP全体で見ると珍しくないが、ジャニーズに絞って見ると前例が少ない。今回の活動本格化の背景には、ファンの「20周年を祝いたい」という熱意の他に何があるのか。ジャニーズの動向に詳しい芸能ライター・佐藤結衣氏に聞いた。

「ジェロマミリオン大作戦は、KinKi Kidsとそのファンならではの企画だと感じました。キーアイテムとなる『ジェットコースター・ロマンス』は、『硝子の少年』『愛されるより愛したい』に続いて大ヒットした曲。だからこそいまチャートインすれば話題にのぼりやすく、それが人づてに広まるほど、ミリオン達成も現実味を帯びてきます。またファンとしては周年イヤーに向けて、今以上にソロよりKinKi Kidsとしての露出が増えてほしいところでもある。彼らのファン層は30代中心で経済的にも余裕を持つときなので、今回のような購買活動にも積極的に参加できるのでしょう」

 KinKi Kidsがミリオン・アーティストだからこそ実現したとも言える今回の企画。ファンも並々ならぬ思いで取り組んでいるようだ。ただひとつ気になるのは、20周年を迎えるのが来年2017年ということ。なぜ今のタイミングで、活動が活発化しているのだろうか。

「特に意識していなくても、やはりSMAP騒動のインパクトは強かったと思います。彼らほど安定したグループでもいつ解散してしまうか分からない、という不安がジャニーズファン全体に広がりましたし、いまのKinKi Kidsファンの間にも少なからず、平和な状況に甘んじずに意思表示を続けなければ、という切実な思いはあるのではないでしょうか。ただ、今年SMAPの人気を証明しようと『世界で一つだけの花』の購買運動が起きたように、ジャニーズファンには、いざという時に一致団結できる絆の強さがあります。いまはSNSを通して公にファンの思いをアピールしやすい時代になりましたし、ジェロマミリオンも晴れて成功して、KinKi Kidsのマイペースで飄々とした活動にスパイスを投じてくれたらいいですね」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版