>  >  > パスピエ、武道館ライブレポート

パスピエ、“区切り”にして“スタート”の武道館ライブ バンドの多面性を再提示した一夜をレポート

関連タグ
パスピエ
JPOP
ROCK
バンド
ライブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パスピエが12月22日に日本武道館で『日本武道館単独公演"GOKURAKU"』を開催した。

20151226-pspe3.jpg

大胡田なつき(Vo)

 8000人ものオーディエンスを迎えた初の武道館単独公演。開演前のステージを見渡すと、成田ハネダ(Key)の立ち位置には、SV-1(KORG)JUNO-STAGE(Roland)に加えてC2D(Nord)やデジタル・グランドピアノが新たに設置され、三澤勝洸(Gt)の場所には黒いレスポール・カスタムが置かれるなど、武道館公演にあわせて楽器類を新たにしたこともうかがえた。

20151226-pspe4.jpg

成田ハネダ(Key)

 冒頭、ステージ上に設置された大きな三角形のオブジェから、メンバーが一人ひとり登場し、バンド初期の楽曲「電波ジャック」から演奏スタート。続く「トロイメライ」、「贅沢ないいわけ」、「YES/NO」と、これまでの作品から爽やかな収録曲を万遍なく披露し、「裏の裏」の落ちサビでは、大合唱が武道館全体から響き渡った。

20151226-pspe7.jpg

三澤勝洸(Gt)

20151226-pspe5.jpg

露崎義邦(Ba)

 5曲を立て続けに演奏したところで初のMCへ。成田は「今回のライブタイトル『GOKURAKU』は“極めて楽しい”ということです。最後まで楽しんでいってください」と挨拶をし、大胡田なつき(Vo)も「今日という日が皆さんにとって極めて楽しい特別な日になりますように」と話したのち、6曲目「トーキョーシティ・アンダーグラウンド」へ。疾走感のある楽曲を演奏したかと思えば、アーバンダンス調の「蜘蛛の糸」、ポップな一面をのぞかせる「名前のない鳥」、バラード曲の「花」と、パスピエの持つ多面性を体現するかのようなセットリストで、バンドの音楽的充実を証明してみせた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版