>  > ピアノ・トリオ2組が大阪で“対決”

H ZETTRIO&ろじえも、大阪で“ピアノ・トリオ対決” H ZETT Mとまらしぃによる名曲カバーも

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 H ZETTRIOとlogical emotionのピアノ・トリオ2組が、12月16日に大阪・梅田CLUB QUATTROにて企画ライブ『PIANO TRIO TOGETHER in OSAKA』を開催した。

 同ライブは、まらしぃがトリオバンドを組んでいるのを知ったH ZETT Mによる「トリオたいけつしようよ^ ^」というTweetを発端として実現したもの。6月6日には東京・国立音楽院 KMAパラダイスホールでライブを行い、その大阪公演として今回の場が設けられた。

20151218-hzm4.jpg

 

 まずステージに登場したのは、まらしぃがdrm(Ba)、タブクリア(Dr)の二人と組んだlogical emotion。1曲目には、今年2月に発売されたボカロカバーアルバム『LOGISTIC FUNCTION』にも収録されている、ボカロシーンを代表する一曲「千本桜」が演奏され、早速会場は大きく盛りあがった。続けて、先日動画でも公開したアニソン「コネクト」のカバーや、「トライアングルどら息子」「君が眠りにつく前に」などを披露。中盤にはH ZETT Mが登場し、東京ライブ時にも演奏していた「情熱大陸」をセッションした。

20151218-hzm6.jpg

 

 その後、logical emotionは「たにしげ~ヒッキー」と2曲を合わせても2分で終わる、スピード感たっぷりのメドレーを演奏。続けて根岸孝旨をプロデューサーに迎えた新曲「Forever Shootingstar☆ミ」を披露した3人は、最後にまらしぃのボカロ曲としても人気な「空想少女への恋手紙」を演奏し、ステージを後にした。

「H ZETTRIO&ろじえも、大阪で“ピアノ・トリオ対決” H ZETT Mとまらしぃによる名曲カバーも」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版