>  >  > アンジュルム卒業、福田の参加楽曲総数は?

ピロスエのハロー!プロジェクト分析:「アンジュルム福田花音参加楽曲」

アンジュルム卒業間近! 福田花音の参加楽曲は全部で何曲?

関連タグ
スマイレージ
JPOP
アイドル
ハロー!プロジェクト
ピロスエ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンジュルムのメンバー、福田花音が11月29日に行われる日本武道館のコンサートをもって、グループおよびハロー!プロジェクトから卒業する。アンジュルムの改名前グループのスマイレージ時代から数えると6年、ハロプロエッグ時代も含めると約10年間のアイドル人生の幕を20歳で降ろす。卒業後は作詞家を目指すと公言している。

 そんな福田花音が、これまでレコーディングに参加してきた楽曲がいったい全部で何曲あるのか、検証しつつ活動自体も駆け足で振り返ってみようというのが本記事の趣旨である。

 数え方としては、スマイレージおよびアンジュルム名義でリリースされたCDシングル・アルバム収録曲がまずあり、これを本カウントとする。バージョン違いの曲は別でカウントする。また、別ユニット等で参加した楽曲についても分けてカウントする。

 以下リスト中、特に表記がない場合はスマイレージまたはアンジュルム名義曲。シングルのカップリング曲には[c/w]、アルバム収録曲には[アルバム]、配信限定曲には[配信]と末尾に記した。また、2009年以降の各年でオススメ曲を一曲ずつ挙げていく。

<2006年>ハロプロエッグ時代

【関連ユニット:3曲】
・空がある / 福田花音、北原沙弥香、ストューカス・ロビン・翔子、橋田三令
・妖かしの宝珠 / 安倍なつみ、福田花音[アルバム]
・虹の国へ / 福田花音、澤登ひほり、家泉明花、澤田樹里亜[アルバム]

 福田のアイドル人生は、2004年に行われた「ハロプロエッグオーディション2004」の合格から始まる(ハロプロエッグとは、現在のハロプロ研修生の改称前の名称)。同年4月にテレビ番組『ハロー!モーニング』等で募集され、当時10歳の福田も応募。8月10日にスポーツ新聞やハロプロ公式サイト等で32名が合格したことが発表される。

 翌2005年1月3日から中野サンプラザで開始した『Hello! Project 2005 Winter ~A HAPPY NEW POWER! 紅組~/白組』にて、ハロプロエッグが先輩アイドルたちのバックダンサーとして初めてステージに立つ。福田の初ステージもこの日ということになる。

 ハロプロエッグとしてレッスンに励む日々を送るが、メンバーの中には並行して個人仕事を行う者が何人か出てくる。福田もその一人で、2006年の「ニッセン“ちょっといいな”飛行船チャリティキャンペーン」のキャンペーンソング「空がある」の歌唱を担当したのは、福田をはじめ北原沙弥香、ストューカス・ロビン・翔子(後に改名して岡田ロビン翔子)、橋田三令の4人。この楽曲が福田の初レコーディング作品となる。キャンペーンソングなので一般販売ではなく、公式サイトからのフリーダウンロードという形式で発表。サイトでは現在もダウンロード可能だ( http://www.nissen.jp/hikosen2006/song/ )。また、当時イベント等で無料配布されたCDシングルも存在する。

 同年11月にはミュージカル『白蛇伝 ~White Lovers~』に出演。この作品のサウンドトラックアルバム収録の2曲にも福田が参加している。そのうち1曲は、同ミュージカルの主演女優だった安倍なつみとのデュエットソング「妖かしの宝珠」。福田は当時の公式ブログ「かのんのいちごのツブログ」などで、尊敬する先輩として安倍の名前を挙げてリスペクトを表明していた。

<2008年>しゅごキャラエッグ!時代

【関連ユニット:2曲】
・みんなのたまご / しゅごキャラエッグ!
・はじまりのうた / しゅごキャラエッグ![c/w]

 2008年10月より放送のアニメ『しゅごキャラ!!どきっ』の主題歌を歌うために結成されたグループが「しゅごキャラエッグ!」である。メンバーに選抜されたのはハロプロエッグから前田憂佳、佐保明梨、福田、和田彩花の4人。佐保以外の3人はのちにスマイレージのメンバーとなり、佐保はアップアップガールズ(仮)のメンバーとなる。

<2009年>スマイレージ1年目・インディーズ時代

【本体:3曲】
・ぁまのじゃく / S/mileage
・あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい / S/mileage
・スキちゃん / S/mileage

【関連ユニット:6曲】
・しゅごしゅご! / しゅごキャラエッグ!
・ワンダーランドにつれてって / しゅごキャラエッグ! [c/w]
・おまかせ♪ガーディアン (しゅごキャラエッグ! Version) / しゅごキャラエッグ! [c/w]
・School Days (しゅごキャラエッグ! Version) / しゅごキャラエッグ! [c/w]
・てんとう虫のサンバ / 新ミニモニ。[アルバム]
・ペン ペン 兄弟 / 新ミニモニ。[アルバム]

 2009年4月、ハロプロエッグメンバー選抜による新グループの結成が発表される。メンバーは福田、前田憂佳、和田彩花、そして小川紗季の4人。これがスマイレージである。当初は「S/mileage」と英語表記だった。6月にインディーズシングル『ぁまのじゃく』をリリース。9月には第2期タンポポを思わせるブリティッシュポップ『あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい』、11月には現在でもライブの鉄板盛り上がりロック曲『スキちゃん』と矢継ぎ早にシングルを発表。いずれも名曲ぞろいで、つんく♂Pの力の入れようがうかがえる。その中でも1stシングルとなった『ぁまのじゃく』は、エヴァーグリーンなアイドルポップスの魅力が詰まっており眩いばかりの輝きを放つ。

ぁまのじゃく

<2010年>スマイレージ2年目

【本体:12曲】
・オトナになるって難しい!!!
・夢見る 15歳
・サンキュ! クレームブリュレの友情[c/w]
・○○ がんばらなくてもええねんで!!
・スマイル美人[c/w]
・同じ時給で働く友達の美人ママ
・ちょこっとLOVE[c/w]
・踊ろうよ[アルバム]
・女ばかりの日曜日[アルバム]
・シューティング スター[アルバム]
・学級委員長[アルバム]
・しっかりしてよ! もう[アルバム]

【関連ユニット:5曲】
・リトル♡ぷりんせす☆ぷりっ! / リルぷりっ
・ハッピーゴーラッキー☆ぷりっ! / リルぷりっ[c/w]
・アイドルール / リルぷりっ
・ヴィラヴィラヴィロー! / リルぷりっ[c/w]
・マイ・スクール・マーチ / おはガールメープル with スマイレージ

【バージョン違い:5曲】
・夢見る 15歳 (Pax Japonika Groove Remix)[配信]
・○○ がんばらなくてもいいんだよ!![c/w]
・○○ がんばらなくてもええねんで!! (TopNude Remix Version 01)[配信]
・同じ時給で働く友達の美人ママ (Remix Type1)[配信]
・○○ がんばらなくてもええねんで!! (TopNude Remix Version 02)[アルバム]

 3月リリースのインディーズ4thシングル『オトナになるって難しい!!!』よりグループ名表記を「スマイレージ」に改める。そして5月にシングル『夢見る 15歳』でメジャーデビュー。同曲で年末の『日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞する。

夢見る 15歳

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版