>  >  > マイラバ、新曲&アルバム発表

My Little Lover、20周年記念作&新曲リリース決定 「20年かけて学んだ想いをアルバムに託した」

関連タグ
My Little Lover
JPOP
女性シンガー
映画主題歌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 My Little Loverが、10月28日に「ターミナル」をデジタルシングルとしてリリースすると発表した。

 同作は、My Little Loverの20周年プロジェクトのリードシングルとして、第28回 東京国際映画祭クロージング作品『起終点駅 ターミナル』の主題歌に決定している。小林武史が書き下ろした今回の新曲は、主人公・鷲田完治(佐藤浩市)の前から、何も語ることなく、人生の一歩を踏み出していく椎名敦子(本田翼)が、その胸に秘めた想いを歌い上げているという。

 同作について、My Little Loverのakkoは、「絶望的なことが起こるのに、心の中の小さな灯火がずっと温かい。重苦しいのに、なぜか瑞々しさのようなものを感じる。それはそれぞれの終わりと始まりが、これからもずっと続いていく予感がしたからかもしれません」と語ったあと、続けて「私はこの世界に凛とした姿で寄り添いたい、そんな想いで主題歌を歌いました。この映画にとって、よき脇役となれますように」とコメントしている。

 さらにMy Little Loverは、11月25日にデビューアルバム『evergreen』をリプロデュースした『evergreen⁺』と、小林武史トータルプロデュースによるニューアルバム『re:evergreen』をカップリングした2枚組アルバム『re:evergreen』をリリースすると発表した。

 同作は、構想に3年をかけ、一流ミュージシャンの完全生演奏で作られた約6年振りのニューアルバム『re:evergreen』とデビューアルバム『evergreen』を20年を経て現代の解釈でリプロデュースした『evergreen⁺』とを対峙させた作品。akkoは同作について「私は20年かけて学んだ多くの想いを、20年目に出会ったこのアルバム『re:evergreen』に託しました。人は諦めない限り、ずっと成長し続ける。そして私はずっとそう在りたいと強く願います。そんな私の想いがいつか、心の中の永遠の緑を映し出して、少しでも多くの人に届きますように」と語り、プロデューサーの小林武史は「僕にとって特別なアルバム『evergreen』と20年ぶりに向き合うことで、音楽人として、ポップミュージックの深い素晴らしさに触れたように思います。結果として、マイラバの王道とも言えるアルバムが出来上がったと思います。自分にとっての究極のポップアルバムを作りたかったのですが、結果このアルバム『re:evergreen』で果たせたような気がします」と述べている。

 また、20周年プロジェクトの特設ホームページでは、小貫信昭のアルバムライナーノーツが公開されている。

■リリース情報

「ターミナル」(デジタルシングル)
発売:10月28日

『re:evergreen』
発売:11月25日
価格:¥3200+税 2枚組CD
<収録曲>
[re:evergreen] Disc.1
1.winter song が聴こえる
2.pastel
3.星空の軌道
4.今日が雨降りでも
5.バランス
6.夏からの手紙
7.舞台芝居
8.送る想い
9.ターミナル
10.re:evergreen

[evergreen⁺] Disc.2
1.Magic Time
2.Free
3.白いカイト
4.めぐり逢う世界
5.Hello, Again ~昔からある場所~
6.My Painting
7.暮れゆく街で
8.Delicacy
9.Man & Woman
10.evergreen

■関連リンク
20th Anniversary album「re:evergreen」special site
http://www.mylittlelover.jp/20th_anniversary/

My Little Loverホームページ
http://www.mylittlelover.jp

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版