>  >  > 乃木坂46、新シングルの音楽的仕掛け

乃木坂46『太陽ノック』は売れるべくして売れた AKB48代表曲に通じる”ヒットの法則”とは?

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 参考:2015年7月20日~2015年7月26日のCDシングル週間ランキング(2015年8月3日付)(ORICON STYLE)

 今週のオリコンシングルランキングは、1位に乃木坂46『太陽ノック』、2位にアンジュルム『七転び八起き/臥薪嘗胆/魔法使いサリー』、3位に水樹奈々『Exterminate』、4位にEXILE SHOKICHI『Don’t Stop the Music』、5位にSCANDAL『Stamp!』という並びとなった。

 今週はなんといっても生駒里奈がセンターに復帰した乃木坂46『太陽ノック』のヒットが大きなトピックだろう。セールスは60万枚を超え、グループ史上最大の売り上げを記録。2位以下を大きく引き離している。

 ダウンロードやエアプレイや動画再生数などを加味した複合チャートの「Billboard Japan Hot 100」においても、やはり乃木坂46「太陽ノック」が1位だ。(こちらの2位は水樹奈々「Exterminate」、3位は三代目J Soul Brothers「Summer Madness」、4位はAAA「LOVER」、5位はカーリー・レイ・ジェプセン「アイ・リアリー・ライク・ユー」となっている)。

 というわけで、今回の記事では乃木坂46『太陽ノック』について分析していこう。まず明らかなのは、この曲は乃木坂46というグループにとって一つのマイルストーンとなるべく作られた楽曲である、ということだ。作曲を手掛けているのは2012年2月にリリースされたデビュー曲「ぐるぐるカーテン」を手掛けた黒須克彦。その曲でセンターに抜擢された生駒里奈が、AKB48兼任を経てグループに戻ってきたタイミングで2年半ぶりにセンターをつとめる、ということになる。「新たなスタート」を意識させる陣容となっているわけだ。

 そして、2015年は乃木坂46にとっても「第一章」を終えた大事なタイミングでもある。1月には1stアルバム『透明な色』をリリース。7月には初のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』が公開された。新プロジェクトとして「鳥居坂46」が発足することも発表されている。

 つまり、「AKB48の公式ライバル」としてスタートした乃木坂46の初期のストーリーは終わりを告げ、ここからは「王道」を引き受け自らが憧れられるスターとしての新しい物語が始まる、というわけなのだろう。黒須克彦の起用にはそういう意味合いも感じられる。

 というわけで、この「太陽ノック」。ここのところ続いてきたシリアスな路線からは一転、「ガールズルール」「夏のFree&Easy」に続くアップテンポな“夏曲”ということで、オーヴァードライヴ・ギターとピアノを配した爽快感重視の曲調となっている。

      

「乃木坂46『太陽ノック』は売れるべくして売れた AKB48代表曲に通じる”ヒットの法則”とは?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版