>  >  > 藤原さくらがワンマンで見せた奥深い音楽性

ワンマンライブ「bon appetit」レポート

藤原さくら、ワンマンで実力発揮 “ギタ女”枠を越えたディープな音楽性とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150630_f_1.jpg

 

 今年3月にミニアルバム『a la carte』でメジャーデビューしたシンガーソングライター藤原さくらが福岡・ROOMS(6月21日)、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE(6月26日)でワンマンライブ「bon appetit」を開催した。メジャーデビュー後、初のワンマンライブとなった本公演は、インディーズで発表したアルバム『full bloom』と『a la carte』の楽曲を中心にした構成。ふだんはギターの弾き語りが多い彼女だが、今回はフルバンドを伴い、その奥深い音楽性を存分に表現してみせた。

150630_f_2.jpg

 

 ジョン・メイヤーの「Clarity」が流れるなか、バンドメンバーとともにステージに登場した藤原は、ワンピースにカーディガンというナチュラルなスタイル。ステージの真ん中に置かれた椅子に座り、メンバーに目配せすると「ワン、ツー、スリー、フォー」というゆったりしたカウントから最初のナンバー「Ellie」を演奏。アコースティックギターの軽やかな響き(3フィンガーによる、軽快なリズムも印象的)を中心にオーガニックなサウンドが広がる。さらにカントリーのテイストをたっぷりと反映させたポップチューン「We are You are」、憂いを帯びたメロディと厚みのあるリズムを軸にした「Cigarette butts」を披露。スモーキー・ヴォイスと称させる歌声によって、満員のオーディエンスをしっかりと惹き付ける。

150630_f_3.jpg

 

 幼少の頃から父親の影響でビートルズに親しみ、その後、ノラ・ジョーンズをきっかけにしてアイルランド、北欧、フランスなどの音楽などを吸収しながら、ソングライター/ボーカリストとしてのセンスとスキルを磨いてきた藤原さくら。ライブを見ると、それらの音楽が彼女のなかに深く根付いていることがわかる。“取り入れる”とか“参考にする”というレベルではなく、楽曲、ボーカルのなかにきわめて自然に含まれているのだ。

      

「藤原さくら、ワンマンで実力発揮 “ギタ女”枠を越えたディープな音楽性とは?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版