>  >  > 関ジャニ∞、テレビ出演増の背景

関ジャニ∞がテレビ“全曜日出演”を達成 音楽番組から情報番組まで引っ張りだこの背景とは?

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関ジャニ∞が4月より、テレビ出演で「全曜日制覇」を達成すると発表された。月~日まで全ての曜日で、メンバーの誰かがレギュラー番組を持つのだ。毎日、関ジャニ∞の存在を感じられるため、ファンにとってはうれしいニュースである。なかでも、村上信五は個人でも全ての曜日に出演。これは、ジャニーズの先輩でもSMAPの中居正広、TOKIOの国分太一に続く快挙である。

 もともとNSC(吉本総合芸能学院)に通いたかったというエピソードを持つ村上は、トーク力に定評があり、すでにバラエティ番組でもその実力を発揮。特に『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、マツコ・デラックスとの小気味良い掛け合いを披露している。特筆すべきは、そのイジられっぷり。うちわの売れ残りをキッカケに、関ジャニ∞内での人気投票を実施されたり、アルバム内に収録されたソロ曲のMVをオチとして流されたりと、アイドルとしては異例の扱い。だが、そんな状況を手際よく切り返す姿は、さすがの一言だ。

 同じくレギュラー番組の『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)においても、丸山隆平、安田章大と共にトークの場でも立ち上がって笑ったり、ズッコけて見せたりと、お笑い芸人並のオーバーリアクションで笑いを誘い、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では生放送ながら横山裕と夫婦漫才のような微笑ましいやりとりを見せるなど表現力豊か。こうした安定したテレビスキルが、今回の全曜日制覇に繋がったのだろう。

 一方、ファンの中で注目を集めた新番組がある。それは、丸山が朝の顔としてMCを担当することになった『サタデープラス』(毎日放送・TBS系)だ。丸山はグループの中ではどちらかというとお調子者で、ツッコまれて笑いが成立するタイプ。だが、一方でドラマや舞台などでは差し入れを欠かさないなど、繊細で気づかい上手な部分もある。サービス精神が旺盛な丸山だけに、情報番組のMCで新しい一面が見られるのではと期待が高まる。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版