>  > ななみが貫こうとする“自分らしさ”

2ndシングル『I’ll wake up』インタビュー

ななみが貫こうとする“自分らしさ”とは?「『こういう系』って思われたくない」

関連タグ
J-POP
シンガーソングライター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150204_nanami_a.jpg

 ポップなメロディと、聴く者の気持ちをポジティヴに後押ししてくれる歌が魅力の曲である。昨年秋、愛情に対しての奥深い感情を綴ったバラードの『愛が叫んでる』で鮮烈なデビューを飾ったななみの2枚目のシングル『I’ll wake up』。今回は一転してロックなアレンジをまとったアップテンポのナンバーで、ギタリストのakkin(ONE OK ROCK、阿部真央といったアーティストのアレンジャーとしても活躍)によるサウンド・プロデュースが大きな効果を上げている。その音に乗って、ななみは、迷いや不安を吹っ切るように唄っているのだ。

 今回は彼女の現在形に迫るために、この新曲のことに加え、メジャーデビューから数ヵ月が経過した今の状況をどう捉えているかを中心に話を聞いた。ななみは物腰の柔らかい女の子で、こちらが投げかける質問に対してもニュートラルに、自然体で応えてくれる。ただ、その内面ではさまざまな思いやパッションがつねに渦を巻いているようで、言葉のひとつひとつにも強い意志や決して浅くない思考が潜んでいる。「I’ll wake up」も、単なる応援ソングなんかではなく、苦悩や挫折といったギリギリの淵からの叫びなのだ。

「ひとりで世界を変えるんじゃないんだな」

――去年の10月にデビューして、それまでに思ってたことと、実際にデビューしてみて感じたことを比較してみてもらいたいんですけど。いかがですか?

ななみ:いやぁ~……この話、マイナスになるかもしれないんですけど、私、デビューしたら世界が変わると思ってたんですよ。ほんとに「デビューしたら世界を変えてやる!」と思ってたんです。自分的には「メジャーデビューすればいろんなことができる」と思ってたので……。でも実際にデビューしたあとも、何も変わらないというか。もちろん取り巻く環境とかは変わりますけど、でも音楽をするっていうことは、14歳で始めた時と何ひとつ変わらないんだなということに気付いたんです。

――そういう実感を得たんですね。補足しておくと、ななみさんの言う「世界を変える」は、自分の歌によって、聴いてくれる人たちそれぞれの生きている世界の見え方や生き方を変えていく、ということなんですよね。

ななみ:そうですね。それは形じゃないんだ、って思いました。でもデビュー前と何かひとつ違うことがあると言ったら、ひとりじゃないっていうことですね。それは自分にとって今、すごく強いものですね。

――その、ひとりじゃないと感じるのは、どんなことでですか?

ななみ:ファンだったり、あとはスタッフの方々だったり、やっぱり普通のななみちゃんとして生きていってたら絶対出会えなかった人たちに音楽を通して出会えているので。だから(そういう人たちとの関係は)もうホームのような感じがしたりするし(笑)。それほど音楽での家族がどんどん増えていってるような気がします。それが14歳の頃とは大きく違うなと思って。ひとりで世界を変えるんじゃないんだな、ということに気づきました。

――そうですか。ただ、10月の東京でのワンマンライヴでは感極まってましたよね? 「デビューにあたって不安な気持ちもあった」と言って。

ななみ:それは……ただ単に不安だったんですね。べつに何が不安とかいうわけでもなくて、たぶん、全然乗り越えられるような不安だと思いますし、だからたぶん、ああやって言ったんだと思います。ただ単に、目に見えないものが押し寄せてくる不安だったりとか……。

――将来的なものとか?

ななみ:そうですね。でも「音楽をやっていけるか」とか、そんな不安はまったくなくて。別にデビューしなくても、音楽は絶対に一生やっていこうと思っていたので、それは変わらないんですけど。ただ、「自分を忘れないか」とか、世に言う「大人に揉まれて」とか「世の中に揉まれて」「大人の事情で」とか、そういうことに自分が負けないか、不安でしたね。

――そういう不安感なんですね。でも今はひとりじゃないと思えていると?

ななみ:うん。いま思うと「全然、不安に思うようなことじゃないよ」っていう感じなんですけど。今でもやっぱり、どんどん進めば進むほど次の悩みが出てくるけど、あの頃の自分が思ってた悩みは、今思うと、すごくかわいいもんだったなと思う。

――ファンや聴いてくれた人の反応で、とくに心に残ってるものはどんなものがありますか?

ななみ:ツイッターのダイレクトメッセージを飛ばしてくれた子がいたんですよ。あたかも、そのメッセージを送るためにアカウントを作ってくれたのがわかるぐらいの。で、すごいストレートに「ななみさんの歌のおかげで不登校を抜け出せました。ありがとうございました」って来たんです。それって自分がやりたかったことの、すごく目に見える結果じゃないですか? だから「ああ、うれしいな」と思って。「私の歌で悩んでる気持ちにちょっと寄り添えたらな」とか「その子の心のクッションになれたらいいな」と思ってたものの、その子がそこをほんとに抜け出せるようなきっかけになって、そんな力を与えられたのが、うれしくて……。それが一番残ってますね、私は。

――それは心に残りますね、たしかに。

ななみ:で、その子、メッセージを送ってきたら、もうそのアカウント消しちゃったんですよ。それがただ伝えたかったんだろうなと思って、うれしかったです。全部(の反響が)うれしいですけど、一番うれしかった。昔の自分みたいで。私は不登校を抜け出せなかったけど(笑)。あの頃自分が抜け出せられなかったことが、今こうして音楽をしてることによって、同じキズを抱えた人が前に進めたのは、世界を変えれてる気がして、うれしいですね。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版